千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

徳島トラフィックさん、森づくり作業

 みなさんこんにちは。ガコです。

最近はようやく秋らしく?寒くなり、とはいえ暦では立冬を過ぎていましたね・・・。
え、もう冬なの!!というくらい温かい秋ですね。
気候がおかしいなあ・・・。

先日は木屋平にちょっと足を延ばして(エライ延ばしたなあ)、山のガイドの
お手伝いをしてきました。

高丸山ではあんまり見られない、コシアブラ。
実も始めてみました。紅葉もきれいですね。
木屋平は上勝とはまた違って、良いところでした。


さて、本題。

13日に徳島トラフィックサービス(株)さんが、森づくり活動に来られました。
大人からちびちゃんまで、あわせて26名の参加。
お天気もよく、寒すぎず、暑すぎずの気温でした。



右奥の看板から左側上のもさっとしているところが、徳島トラフィックさんの区画です。


すでに季節は秋ですので、堅いカヤを頑張って刈ります。


人海戦術のスバラシさ。どんどん区画のカヤが倒れていきます。

森づくりをはじめて、ここの区画も8年目。
植えた木以外の自生木もどんどん大きくなっています。
植樹木の成長を阻害している木も少し切りました。


「これ、切ってええんか〜」と確認しながら、シロモジやウツギ類を鎌(!)や
少ないノコギリ、ナタで倒していきます。

小さい木も少なくなってきている事ですし、次回はノコギリや、ナタも装備して
もらって、作業やな〜とガコは感じました。


草を刈ると、のんびり成長なモミが大きくなっているのが分かります。

カヤの成長を追い越すまであと少し。がんばれ〜


毎年毎年、少しずつ大きくなる木、一気に成長する木と様々になってきています。
成長のようすが年ごとに分かっていくと、森づくりがどんどん楽しくなってきます。
来年の成長が楽しみです。


さて、作業終了後、

道具は綺麗にしていかなあかん!というお言葉をいただき、それならば、と
鎌を研いでいただきました。

みなさん真剣に研いで下さって、刃がピカピカになりました。
ありがとうございました。

また来年もおいでくださいね〜〜






遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月8日 遊学の森

皆さんこんにちは
マクロレンズを買ってウハウハの

ダニーです

さて、今日はガコさんが
遊学の森へ行ってきたときの様子を
写真でご紹介します


今日は良い天気やって
高丸山がはっきり見える
僕も高丸に写真撮りに行きたかったな〜
明日休みやけど天気悪いみたいなし

と、話がそれました




植樹した苗木でしょうか
綺麗に草が刈れてますね
なぜかというと・・・



ふれあい館のタッフSさん
刈れていない所や伸びてきた草を
刈ってくださっています



Sさんのおかげで
よく日が当たるようになっています
(青いポールが植樹した場所の印です)
これかも、どんどん成長していってくれるはずです
ありがとうがございます


では最後に、遊学の森の紅葉情報〜



ガコさん曰く
「もう紅葉は終わっとったな〜」
でした

12月に入ると山へ上がるのも一苦労になるので
お早めにお越し下さいね〜

遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

遊学の森 森づくりボランティアの自然愛好会さんが来ました!

 みなさんこんにちは。ガコです。

早くも7月になってしまいました。
あっというまに夏がやってきて、あっという間に過ぎ去っていく気がします。
とはいえ、暑い中は本当に厳しいもの。1日が本当に長く感じてしまいます。
ばてないように気を付けないとですね。

あと、昨日は今年初のトマトを食べました。
すっごく香りも良くて、旬のお野菜の美味しさを満喫。
お裾分けしてくださった、Sちよさんに感謝、感謝です。


さてさて、暑い夏ではありますが、昨日は森づくりボランティアさんが森づくりに来てくれました。

「自然愛好会」さん

です。


ここの区画は遊学の森の中でも、スズタケ(ササ)がとても多いところで、森づくりをはじめた
当初は本当に大変だったそうです。
でも、毎年毎年、くじけずに森づくりに来てくれていて、今年も暑い中、頑張ってくれました。


背中で申し訳ないですが、自然愛好会代表の方です。
「今の時期でもワラビが生えるんやな〜」と先日の作業道草刈り後のワラビを
見ていらっしゃいました。

つづいて、

苗木の上に被さっている、シロモジをごしごし切ってくださった、メンバーの方。
植物や昆虫に詳しい方です。


写真撮りますよ〜といったら、すかさずピースがでました。


こちらのお二人は、「ブログにのるじょ」と笑いながらこっちを向いてくれました。


みなさん、しわしわ手鎌で作業です。

そうそう、今回は力強い助っ人もいました。


現在上勝町で受入をしている、インターンシップの方々です。
両脇の男性お二人が持っている道具は、ガコがあまりの便利さにびっくりした、
とてもスバラシイ、ナタです。

汗だくになりながら、森づくりに精を出してくれました。
でも「楽しい!」とのお言葉。
森づくりはね〜楽しいんですよ〜(とってもウレシイ



ナタの扱いも手慣れたもので、危なげなく草を刈ってくれました。


作業の途中の休憩。

右手前が、スタッフのSちよさん。スーパーな方です。
代表の方と、森づくりについて話が弾みます。


おやつもありがたくいただき、ごちそうになってしまいました。
ありがとうございます。

最奥の方が、自然愛好会の最後のメンバーの方です。
小さくてゴメンナサイ〜


10人を越すメンバーで草刈りをすると、半日で作業終了。

木はますます大きくなり、今年も成長が楽しみです。



21年度の3月に植えたブナはまだまだ小さい状態。

それでも少しずつ少しずつ成長して、10年、20年、50年と立派な森に育っていくのだと
思います。


千年の森にはうんとかかりますが、これからもみんなの力で森を作って行きたいと思います。


いい森ができるよ〜〜〜


楽しい森づくりに、ぜひ、ご参加下さい。
7月9日と、7月31日の森づくり参加、大募集中です。




あと、前回のブログで「藤ちゃんのひとりで撮れるもん」のふじちゃん
のことをお伝えしましたが、千年の森づくり体験も入った、この番組。
放映日時は以下の通りです。

7月27日(水)〜2週間です。

ケーブルテレビトクシマが見ることができる方はぜひ、ご覧下さい。














遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ケーブルテレビトクシマの藤ちゃんが森づくり体験!

 みなさんこんにちは。ガコです。

昨日今日と、遊学の森で鎌・ナタ・ノコギリを振るってきました。
蒸し暑い中ではありましたが、水を飲みながら森づくりに精を出すと、
普段の事務作業では感じられない爽快感と、達成感と、楽しさがあります。
つくづく、森を作るのが楽しいなあと、感じてしまいました。

森づくり、楽しいです。


さてさて、そんな楽しさを電話で聞いて、取材をしに来てくれた方がいます。

ケーブルテレビトクシマの藤田さんです。

このかた、お一人で25分番組を企画、撮影、編集までやってしまうというスゴイ人。
お会いするとかわいいステキな女性です。

そんな女性にガコは「森づくりは楽しいんや〜、みんないっぺんやってみいひんで〜」
という思いをぶつけて、しまいました。


おかげで、「ハイ取材決定〜」になり、2日に来てくれました。

普段ではしないであろう、森づくりスタイルです。
私は良いのですが、美しい女性にはちょっと、気の毒でした。


しかも道もよく分からない藤田さんに、

この軽で高丸山まで上がってくださいね。お帰りはお一人で〜

てなことを申しました。


はい、鬼ですね。


されど、流石プロ。
遊学の森の草の多さにめげずに、しっかり取材をしてくださいました。
ばさばさ、ザクザク草刈りをした後、

楽しそうにポーズまで取ってくださいました。
ありがとうございます。
カメラを向けるとポーズを取る。
プロ魂やな〜としみじみ感じました。


今回の取材内容は、ケーブルテレビトクシマの「藤ちゃんのひとりで撮れるもん」
の中の上勝特集に入ります。


お家で見ることができる方は、是非見てみてくださいね〜
(しまった、いつから放映なのか聞くの忘れた!おそらく近日中です〜)











遊学の森 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

6月26日、大雨の中の合同草刈り大会報告

 みなさん、こんにちはガコです。

暑い。

上勝といえども暑い。

今朝は出勤途中にセミの鳴き声「ジーー」という声が聞こえました
今年は暑くなるのが早いのう…とセミたちも思っているかも知れません。


さて、高丸山千年の森、夏の1大イベント。

「遊学の森 合同草刈り大会」

が6月26日に行われました。


25日の夜中、26日に日付が変わった頃に、雨音がし始め、
朝は上勝町ではざんざん降りの雨でした。


これは・・・どないしたもんか・・・。

やるべきかやらざるべきか・・・。

ひどく悩んだのですが、かみかつ里山倶楽部の森づくりメンバー
と協議し、結局行うことにしました。

せっかくスケジュールを調整して、たくさんの人が来てくれているし、
初めての方には千年の森は一体何をしているところなのか知って欲しいし、
早く終わっても良いので、遊学の森の作業道は草刈りをしておくべきだと
思ったのです。

でも事故は起きないように十分気を付けよう、一人一人に気を付けてもらおうと思いました。


そしてこんな悪天候の中、
3つの森づくりボランティア団体が作業に来てくれました。

1団体目が、「Eternal Forest かみかつ」さん

遊学の森の区画でも底部にあるので、いつも頑張って降りて作業されます。
今回は上勝町が受け入れている、緑のふるさと協力隊メンバーも参加してくれました。
そして、森づくりボランティアの常連さんも1名、My鎌を持って参加です。

今回とても嬉しいことを、常連さんがおっしゃってくださいました。
はにかみながら、「毎年木がおおきゅうなるのが楽しみでなあ…」

う、うれしい・・・

木が大きくなる楽しみが、千年の森にありますね。


2団体目は、「阿波遊木民」さん

森づくりに来ていただくのは本当に久しぶりで、とっても嬉しかったです。
草刈りと苗木の成長を遮っている木(シロモジ)を伐ってくれました。


「やまんば」さん


お二人でいつもしわしわのんびり森づくりをされていますが、今回は一般ボランティアさん
と一緒に森づくりをされました。
鎌の持ち上げ方が、かっこいいです。


あと、忘れてはならないのが、かみかつ里山倶楽部の支援メンバー

雨の中、作業道の草刈りに精を出してくださいました。

支援メンバーの皆さんは、ご高齢の方もおいでなのですが、その方達が
びっくりするようなことをいっておられました。

「まあ、昨日は暑かったけん、今日は涼しいてええわ」

大雨が降るのに、その台詞。

勤勉な山の方ならではのお言葉だと思いました。
この言葉に救われた形で、今回行うことができました。
逆にこの方々から「やめとけ」といわれたら、本当に危険だから、やめなくてはいけないなと
感じました。

でも、確かに涼しかったです。
涼しい上に、町内ではざんざん降りのものすごい強雨だったのにも係わらず、

山のミラクルが起きて、草刈り中は雨もそんなにひどくなく
ときどき雨具のフードを上げたり、一瞬だけどお日様が見えたりと、
本当に奇跡の天候でした。

「お山の神様が恵んでくれたんやなあ・・・」(拝)

と、私は思っております。

森づくりされる皆様の強運と、お神さんのお恵みで、雨なのに事故なく、怪我なく、
無事に終了しました。

皆様、お疲れさまでした。

疲れてたり、笑ってたり、色々です。


そして、森づくりは続きます。

7月9日(土)
7月31日(日)


にも実施します。

興味のある方はぜひ、ご参加下さい。


あと、上の日程には合わないんだけど、別日なら森づくりできるよ〜という
方がいらっしゃればぜひ、ご連絡下さい。
近い日程では7月3日(日)に、森づくりボランティアを募集いたします。
初めての草刈り作業でも問題なく作業に入れます。

ご連絡をお待ちしております〜〜〜

みんなで千年の森づくりをしよう!





遊学の森 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

いよいよ来週は合同草刈り大会、第1回目!

 みなさんこんにちは。ガコです。

最近はふれあい館から飛び出て、今週は東に、来週は西に。を
繰り広げております。
昨日も、高知県に赴き、熱い森づくりの活動の会合に参加してきました。
会合にいた方は、これからおもっしょいことするぞ〜〜と、期待と少し不安と、
熱気に溢れていました。

ガコも多少あてられて帰ってきました。
先日クールダウンした、沸騰したガコヤカンが再度沸騰しそうな勢いです。
しゅんしゅん、ではなくぽこぽこ、程度でヤカンを収めておきたいと思います。


さてさて、ポコポコヤカン状態ではありますが、いよいよやってきます。
毎年恒例

「遊学の森・合同草刈り大会」


これを考えるだけで、ヤカンが沸騰(もういいか)


去年も暑い中、森づくり作業を行いました。
お天気は概ねよかったなあ…。

今年の課題は、これ。

真ん中小さい櫛のような葉が、植樹苗。
その上に三つに分かれた葉っぱ、「シロモジ」が覆い被さるように枝を広げています。

今年はこの様になっているところがあれば、シロモジを切ってやることが必要になります。
ぼちぼち草刈り鎌だけから、鎌とノコギリ、ナタが必要になってきます。


苗木を成長させるためなので、森づくりのボランティアさんは、どうぞ御了承ください。


さて、

今日はSちよさんが、草刈り大会のために準備を始めてくれています。
燃料の準備とか、先日使った手鎌の手入れとか。


使った鎌は研いで置かないと、次回は使い物にならないのです



研ぎの良さは、草刈り参加者のみなさんに大好評。


ふれあい館の刃物はこの砥石とSちよさんでスルドイ切れ味になります。


ああ、今年も森づくりの季節がやってきたなあ…

1人でもたくさんの方の参加をお待ちしております〜〜〜





遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

久しぶりの遊学の森の様子

 みなさんこんにちは。ガコです。

今日は天気も良く、高丸山も晴天。
ということで、明日実施の「かみかつっ子しぜん遊び」の下見も兼ねて、
高丸山へ行って来ました。

下見の様子は、また後日。


今日は下見あと、久しぶりに遊学の森に行って来たので、そのご報告です。



本日の高丸山。

高くてまあるい山。
高丸山。
まだまだ冬の様相です。

目に見える形での春はまだまだですが、それでも春が来てるなあという感じを持たせて
くれるものを発見


ヒメシャラの木です。
冬芽がお日様にあたって、きらきら光っていました。

そしてそのアップ。

少しづつ冬芽が膨らんできています。
もうちょっと暖かくなると、もっとふっくりふくらんで、遊学の森の春がいよいよ近づいて
入るなあと言う感じがしてきます。


遊学の森に入って、東屋を見ると、

いまはまだ、しずかなあずまや。
今年もまもなくにぎわいが始まります。
今年もよろしくね。


さて、区画に目を向けてみると、とてもショッキングなものが


これは、ひどい。


イノシシの仕業です。



区画を耕してくれています。

どうやらねらいはワラビの根っこだったようです。


ここまでせんでも
という気持ちでいっぱいになります。
苗木が倒れていないのか、再度確認しないとです。

とりあえず本日確認できたのは、遊学の森のなかの、交流の森区画での被害でした。
他のボランティアさんの区画に被害がないか心配です。


そうそう。

今日は森づくりボランティアのウィ・ライク・リバーさんが作業に来ていました。

きれいな看板。手作りです。


今日は苗木の枝払いに来ていました。





個人的には、枝払いにはあともう数年待った方がいいかなあという気持ちもありましたが、
とはいえ、区画を面倒見ているボランティアさんが、率先して行っているのなら
止めることもありません。
いずれは行わないといけない作業ですしね。

伐った枝はこのように

一箇所にまとめておられました。


今年も熱心なウィライクリバーさん。
怪我無く、事故無く、みなさんと楽しく森づくりを進めていってください。


はい、チーズ。


風は冷たかったけど、山歩きには良い1日でした。







遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

高丸山の様子〜イノシシのしごと〜

 みなさんご無沙汰しております。ガコです。
昨日は節分、旧正月でした。
おかげで本日日中ぽかぽか小春日和。

旧のお正月が過ぎると、上勝ではウグイスが、「ホ〜〜ケキョ」とか、
「ケキョ」とか、へたっぴな鳴き声で鳴いてくれます。
話によると、鳴き方を練習しているのだとか。
んで、4月〜5月の本番では「ホ〜ホケキョ!」ときれいに鳴いて、お嫁さんを
探すのだそうです。

もちろん上勝以外でもウグイスはいますので、皆さんも、お仕事の合間、
外に出たときなど、ちょっと耳をすませてみては?と思います。


さて、小春日和の本日、Sちよさんが再び遊学の森の見回りに向かいました。

春が近づいているのをお知らせしている、シロモジのつぼみです。
ずいぶんふくらんでるなあ。


見回り道は、

動物の足跡が見えます。

Sちよさんによると、
「ネットの中には足跡が無くて、見回り道にあったわ」とのこと。
普通のことだけど、今までは逆だったので、嬉しいコメントです。


そして見回り道にはこんなものも。

イノシシのフン


のしのし歩いているようです。


森づくり区画の中を覗いてみると、

ギャ〜〜


めくらめっぽうにイノシシに掘られています。


植えた木々が心配やなあ。
大丈夫かなあ。


写真では苗木が倒されている様子はないのですが…。


イノシシは土地を掘り返してしまうので、困ったものです。

でも、先日どうやら猟師さんたちが追ってくれたようで、今日の見回りでは、シカネットの
被害がゼロ。
嬉しいです。

久しぶりのゼロで、私もほっと胸をなで下ろしました。
とはいえ、少しづつ山の生きものが動き始めるようになります。
今後も要注意です


最後に区画の様子。

雪があちらこちらに残っています。


高丸山までの道の様子も、まだまだ凍結しているとのこと。
山に上がるのはまだまだ要注意です。



遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

高丸山のようす〜1月6日〜

 みなさま、こんにちは。ガコです。
おとつい、昨日と、ふれあい館1大イベントの、「千年の森セミナー」
開催しました。
今日は終わってほっと一息中。
また、近日中にご報告いたします。


さて、今日も上勝は極寒でしたが、そんな日が天候不良になると、
つべたい雨が降るか、雪が降るか…。

雪が降るとオーサカ人のガコは大喜びですが、山ではどえらいことに
なっています。


年明け第1弾の、高丸山の森づくり区画、遊学の森の見回りを、スタッフSちよさんが
1月6日に行ってくれました。



1月6日の高丸山。
ちらほら白いものが見えます。
おお、寒い!


遊学の森も雪が積もっていました。

真っ白です。


見回り道ではこんなものが見えます。

し、シカの糞
ちなみに区画内。

困ったなあ〜

こんなものも見えます。

雪が白いところが区画の外。
ネットの向こうが区画内。
中ではイノシシがお散歩中。

困ったなあ〜


とどめは、

ああ、またイノシシによる杭抜き。
冬でも関係なしです。

こんな被害が、今回も10件。
見回りするSちよさんもですが、ふれあい館に帰ってきたSちよさんに、
「被害は?」
と尋ねなくてはいけないのも、辛い話です。


あ〜あ…



いつか止むのかなあ。
地道に対策し続けるしか無いのかしら。


しょぼくれた感じで、車での帰り道。

行きにつけたわだちあとが雪で消え、帰りのタイヤ痕しか見えません。


ここまで積んだら、ノーマル2駆で上がるのは難しい。
チェーンがあったらどうかはわかりませんが。


雪の高丸山には、スタッドレス、4駆が必須のようです。

お気をつけくださいね〜






遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

遊学の森のシカネット被害

 みなさんこんにちは。ガコです。

12月2日の夜、市内から帰ってくるとき、雷&大雨でワイパー最大にしても
雨で前が見えず
恐怖のバイパス走行を体験しました。
16号に入っても槍のような雨粒が車を打ち、水たまりでタイヤをとられながら、
気持ち這うような感じで上勝に帰り着きました。
これは、ガスがかかって見えない山道と同じくらいの恐怖でした。
ああ、怖かった。

ちなみに上勝に入ったらあんまり降ってなくて、ほっとしました。
ホームに帰り着くと安心します。


さて、話は変わって、遊学のシカネット被害についてご報告です。


H18年度からずっと高丸山の森づくり区画、遊学の森の周辺に張っている
シカ侵入防除ネット(以後シカネット)の見回りを行っています。

シカネットを突破し、遊学の森の区画内に動物たちが侵入、植えてある苗木を
食べる、苗木を掘り返すなどの被害が起きないように、月に3〜4回、ふれあい館の
スタッフが見回り、補修を行っているのです。

いままで5年近く見回りを行っていますが、
この11月に、ものすごく被害が連発しました。

1回の見回りで20件近くの、補修結果。
それが2回も続いています。しかも1週間も置かずに、です。
1回のシカネット被害件数で言えば、過去最高。
犯人はイノシシです。


見回り隊長のSちよさんが、ふれあい館に帰ってきて、あまりにもがっくりしている
ため、その深刻さを見てこようと、この度ひさしぶりにガコも見回りに行って来ました。


シカネット全長、1300メートル。
その周辺を歩いて回って、ネットを打ち付けている杭が抜けていないか確認して行きます。
な〜んだ、短いやん。と思うかも知れませんが、見回り道は、アップダウンもあって大変
なのです。

見回り道にはいると、すぐにこんな様子が見れました。

ありゃ


まあ


シカネットは縦のネットです。
地面には杭で打ち付けてあり、通常なら抜けることはないのですが、イノシシのような
力の強い生きものが牙や、鼻で持ち上げると上写真2枚のようにネットが持ち上がるのです。

そうすると、森づくり区画内に入りやすい入り口ができて、他のシカやイノシシがどんどん
侵入しやすくなります。
穴ができたまま放置すると、いずれは遊学の森の木々がシカに食べられ、森が無くなって
しまうというオソロシイ結果になるのです。
あわわ。


その対処として、

まずは抜けた杭を再度打ち付け、


接地面のネットが緩いなら、杭に巻き付けて、地面に打ち付けます


そのあとは、

L字型になるようにネットを張り付けます。


こんな感じ。

見回り道にネットを敷く形にすることで、シカの足にネットがからまり、シカが嫌がる
道にするのです。

シカは嫌がってくれていると思うのですが、いやはや、イノシシにはかないません。



既に補修ネットを張っていても、内側から杭が抜かれる有様。


ネットの向こうの地面には、イノシシが歩いたであろう道ができています。


杭抜かれを見つけるたびに、打ち付けたり、補修ネットを張ってみたり。

Sちよさんと、「イノシシはなんで(杭を)抜いて抜いてするんかなあ」
「きっと、おもしろがってるんや」
とか、
「こっちもしつこいの〜と思ってるけど、きっとあっち(イノシシ)もしつこいの〜、と
思ってるわ、きっと」
など、冗談を言いながら見回って行きます。



そうでもしないと、がっくりするんですよね。

ああ、まただ。がっくり。



これはネットに穴が開いています。


持ってたひもで繕って、


修繕完了。


てなことをやって、この日は何と、23箇所のネット修復でした。

イノシシめ〜〜〜


この見回りが、11月30日。
12月3日もSちよさんが見回りに行って来ました。
3日は5箇所。
ガコがおびえた雨で少し被害が減ったかな?という感じでした。
が、イノシシとの戦いは、まだ続きそうです。


ふう。


遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |