千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

本日のふれあい館

こんにちは

ダニーです

だんだんと寒さも増してきていますが

皆様、体調を崩ぬよう気をつけてくださいね〜

さて、ふれあい館では寒さにも負けず

リンドウの花が咲きました







昨年、勝浦高校(現 小松島西高等学校 勝浦校)の

先生と生徒さんが持ってきてくださいました

12月頃?まで咲いているそうなので

お時間のある方は、ぜひ、ふれあい館へお越しください
ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ふれあい館周辺昆虫〜ヒメジャノメ〜

 みなさん、こんにちは。ガコです。

お盆を過ぎてから、朝晩の涼しさが格段に違ってきました。
日中はやはり暑いので、ふれあい館では扇風機をかけていますが、
夕方頃になると、ほっとするような涼しい風が時折吹いてきます。

周りではセミのにぎやかさと同時に、トンボの数もどんどん増えてきているような気がします。
今朝も、ふとトンボを見ると、本当に上手に飛ぶなあと感心してしまいました。
でも、逆にトンボからしてみたら上手に歩くなあ〜と思われているのかもしれません。
お互い様ですね。


さてさて、ネタがないわけではないのですが、最近昆虫づいているので、
あんまり専門性のない、夏休みの宿題の足しにもならないような、昆虫についてです。

またしても、ふれあい館で虫生(人生??)を終わらせた虫さんがいました。
今回は、蝶の仲間です。
「ぽて」と、玄関口でお休みされていました。


蝶を撮影しようと思うと、大変なのですが、虫生を終わらせたかたは
容易に写真に写ってくれます。

ネットで調べてみると、「ヒメジャノメ」という種類だそうです。
確かに羽の模様が、蛇の目模様です。
触覚も、ピンと張っていて、きれいなものです。

正面から見ると

こんなかんじ。
チョウの複眼よりも、セミの複眼のほうが愛嬌がある気がします。
んで、真ん中の複眼に沿って出ている角みたいのが、下唇髭(かしんしゅ)と
いうそうです。へ〜〜。
見えにくいですが、下唇髭の間から、蝶のストローが巻かれています。
こんな構造しているんだ。と、驚きました。
他にもいろいろ。顕微鏡があって、分解しながら観察すると面白いでしょうね。

蝶はきれいだから、「きれいね〜」でにおしまいになるのですが、よくよく見ると
興味深い構造をしているのだなあと感じました。

チョウさん、ありがとう。


チョウをはじめとする昆虫は、捕まえて観察すると、夏休みのレポートに
すぐになっちゃうな〜と感じました。
虫はカブトムシや、クワガタだけじゃないしね。
学生時代に興味があれば…と悔やまれてなりません。


こうなったら、オオミズアオというすてきな、妖精のような蛾も「ぽて」と落っこちて
いてくれないかしら。
観察させてほしいな〜〜

ま、運が良ければ出会うでしょう。

みなさまも、お近くの虫さんを観察してみてください。
いろいろ新発見があるかもです。



ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ふれあい館周辺昆虫〜ヒグラシ〜

 みなさん、こんにちは。ガコです。

お盆の真っ只中です。
ふれあい館のお隣の施設、山の楽校でもお客さんがたくさんおいでになられていて、
よい休暇をすごされているようです。
今は子供たちが、ふれあい館でかくれんぼ中。
楽しそうです。

最近の上勝の朝晩は驚くほど涼しく、寒いくらい。
お盆を過ぎるともっと涼しくなってきます。
エアコンいらずの生活です。


さてさて、昨日はダニーが美しいもの、徳島らしい内容の情報をアップして
くれたのですが、私はまたしても昆虫です

虫。

お嫌いな方、申し訳ありません。
でもみんな耳にするのに、意外に知らない昆虫はたくさんいるもの。
今回もそんな生き物です。



今回はセミの仲間の、ヒグラシです。

顔はかわいいと思うのですが。
つぶらな瞳が何とも言えません。


このヒグラシ。
都会っこだった私は、晩夏に「カナカナカナカナ…」と鳴くもんだと思っていたのですが、
上勝で生活すると、どうやら晩夏どころではないということを発見しました。
夏初めから鳴いているんですよね。

そして明け方少し前くらいに、めちゃくちゃ大きい鳴き声で、
「カナカナカナカナ…」大合唱
ひとり、もとい1匹が鳴き始めると、続けて続けてどんどん鳴き始め、ヒグラシの大音響が
山に、里に、川に響きます。
うるさいくらいなのですが、ふしぎと「ウルセーーー」と叫ばず、
カナカナカナカナ…の音の波に、半分寝た状態で心地よく思い、涼感をもたらし、
まだ寝れる。と2度寝状態になります。(大体4時すぎ。彼らは早起きだ〜)

ミーンミンミン、とか、ツクツクボウシ〜とかなら暑い、というイメージがつくのですが、
ヒグラシは涼しいというイメージです。
よい、セミだ。

そしてこのセミも、先日山に行ったときに、人生(虫生?)のお仕事を終えて、
「ぽて」と地面に伏していらっしゃったのを、連れ帰ってきました。


大きさも計ってみました。

羽まで入れたら5センチ弱ですが、体の長さだけなら3センチほど。

こんな小さな体であの大きな音。
一体どんなふうにすれば、あんな大きな音を出せるのでしょうか。
いや、体の構造はちょっと調べたらわかるのですが、その構造と、鳴き方を知った程度で、
完全に理解はできないものです。

セミたちはすごいなあ〜とつくづく思います。


羽もすばらしい。
翅脈がほんとうにすてきです。こんなに薄い羽で飛べるのは、体が軽いからなのでしょうね。
このかたは、メスだったようです。
きちんと卵を産んでお休みされていることと思います。


最後に、セミ、という漢字は蝉と書き、虫が単。虫が一人(単)でにぎわしい、のでこんな
漢字になったのでしょう。
ヒグラシは、蜩と書き、虫と周という漢字が合体していますが、ヒグラシは一人でなく、
周りの仲間と鳴くのでこんな漢字になったのかな?と単純に感じました。
あの大合唱の波がヒグラシ、といっても過言ではないな、という感じがします。
昔の日本人の感性はすごいものです。


ヒグラシの大合唱が聞きたい方は、ぜひ、上勝に宿泊を。
明け方に体感できます。





ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

夏といえば!

こんにちは

たまたま、またまたダニーです

先ほどのブログで山に行ってきた〜

と書きましたが

ふれあい館へ帰ってきた直後に

鐘の音が!

なにごとかと思い表へ出ると・・・



お!?



あ・・・



阿波踊りー!!!!







徳島の夏を感じながら

楽しく阿波踊りを拝見させていただきました

これで今年の夏も乗り切れそうです

ありがとうございます














阿波踊りは、鳴り物が重要なんです。

カメラ目線でめちゃくちゃ良い笑顔をみせてくれるから!笑

ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

盆(ぼ)にトンボ

 みなさんこんにちは。ガコです。

最近、少しお休みをもらって、鳥取に遊びに行ってきました。
上勝とは違い、日本海側の山や海、海、海で、普段とは違う環境を体験してきました。
地球規模の景観、青い空、白い雲、青い海。は、とても美しかったです。
とはいえ、鳥取でも山にも行っていました


さて、前回のブログでお盆になるとトンボが見られるという話題を出しましたが、
今回はトンボネタです。
なので、昆虫が嫌いな方には申し訳ありません。になります。
どうぞ御了承ください。

さてさて、昨日どうやらふれあい館に飛び込んできた、トンボ。
話に聞くと、事務室に入り込んで、蛍光灯にアタックしていたようです。
今朝方、ふれあい館の床で、「ぽとり」と、転がっておいででした。
どうやら力つきたようです。
私がいれば逃がしてあげたのですが…。

せっかくなので、ブログに登場して頂きました。


体の長さを測ると、8センチ強ありました。
大きいし、持ち上げると重たいです。


美しい単眼の色合い。

何とも言えない色合いの目です。
深みがあって、光の加減で色が変わり、こういうのを玉虫色というのかしら、と思ってしまいます。
トンボは肉食で、大きな顎でムシャムシャ虫を食べちゃうのですが、この目の美しさは
その怖さを全てチャラにしてしまいます。
しばらくすると、このきれいさもなくなります。
生きているときが一番きれいです。


羽もステキです。
こんなレース編みな羽で、飛んでしまうのですから、一体どんな仕組みなのだろうかと
不思議で仕方ありません。


最後に、胸部の蛍光色なカラーリングがすてきです。
一体何を食べたらこんなカラーリングになるのか、不思議で仕方ありません。
某ロボットアニメのカラーリングを彷彿とさせます。

「オニヤンマ」だろうなあと思っていたのですが、図鑑を調べてみると、このカラーリング
ではいろいろいるみたいです。
むむむ。
ガコは虫はあまり詳しくないのですが、決定打は体の長さ。
で、「オニヤンマ」と思いました。
そして、胸部は筋肉の塊らしいです。だから飛べるのね。


もし虫好きの方がご覧になってくださり、違っていたらコメントいただけたらいいな。

このトンボ以外も、ふれあい館周りではいろんなトンボが飛んでいます。
つがいの相手を捜して、彼らも大忙しです。





ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

エコトイレ

こんにちは

なんと今日は

エコトイレの使用可能になりました

いつも苦労をする水開けなのだそうですが

今回はすんなり

しかし、身障者トイレでトラブルが・・・





パイプが裂けている・・・

早めに対応をしますので

こちらはもうしばらく使用をお控えください

申し訳ございません

男子トイレ・女子トイレは使用できますので

たくさんの方のお越しをお待ちしてます
ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ふれあい館の小さな春みっけ

 みなさん、こんにちは。ガコです。

新年度が始まりました。
ふれあい館も、新年度モードで少しずつ活動していきます。
今年度もどうぞよろしくお願いします。

そして、新年度早々というのに、ガコは先ほど高丸山に行って、
タイヤをパンクさせてしまいました。(泣)
必死でタイヤを交換し、よろよろとふれあい館に戻ってきました。
高丸山に向かう道の、町道の石は要注意です。
皆様もお気を付けください。

新年度情報、もう一弾です。

なんと、今年もツバメさんがやってきました。
4月1日にやってくるとは、粋なやつです。
特徴のある「チチチチチ…」とさえずりながら、ふれあい館の軒の下に
残っている昨年の巣を確認していたそうです。
今年も賑やかな春になりそうです。

そうそう、せっかくなのでふれあい館周辺の春をご紹介。


レンゲが咲いています。
これにハチさんたちが蜜を取りに来ているところなんかみっけたら、最高ですね。

アップのレンゲ。

レンゲはマメ科の植物なので、花の形がエンドウマメとか、クズとかそっくりです。
かわいいです。

おつぎはサクラ。

まだ寒いので、開花宣言には少し遠いです。


つぼみはふくらんでいるので、もう少し。
毎年きれいな花を見せてくれるので、とても楽しみです。


また、サクラが咲いたらみなさまにご報告いたしますね〜
おたのしみに。

ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

3月29日

3月29日(木)に

徳大の方達が巣箱を設置する

というので同行させてただきました





事務局長から許可を得たので

遊学の森の「万年の森」さんへ設置をさせていただきました









「万年の森」さんには

合計3つの巣箱を設置しました

最後に、あずまやにも1個設置





忘れずに記念撮影も

鳥が来てくれるか

どんな鳥が来るか楽しみやな〜
ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

3月11日

 

ふれあい館では半旗があがっていました。

震災被災地で森づくりの場面で

協力ができることがあると良いと感じています。
ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

2/20 救命救急法

2月20日に安全管理の講習

「野外での救命救急法」

を行いました。

19時からという遅い時間・お忙しいにも関わらず
15名を超える方が集まってくださいました
ありがとうございます


さて、まずはガコさんを司会に
過去の事例を元に話し合いを行いました



そして参加者の皆さんからも今までにヒヤリとしたことを
ポストイット形式(で良いのかな)で書いてもらったのですが



・熱中症になった
・トリマーで指を削った
・刈り払い機で足が足に当たって・・・
・気がついたら蛇を踏んでいた
・数メートルの高さから落ちた
・かなづちで指を・・・

などなど、聞いているだけでゾッとするようなことが・・・

でも、こういうことが起こったということを
共有し心の端に置いておくことで
「あ、そういえば!」
と思い出すことができます

でも、こんな痛い思いをしたことを
笑いながら話す上勝の人たち・・・すごいです



そして続いて、現役看護師のI飯さんより
熱中症の予防法・対処法についてのお話です



みなさんご存じかと思いますが
かみかつ里山倶楽部は、夏に草刈りを行っています

怪我や熱中症は隣り合わせの作業なので
みっちり勉強を行ないました

講習内容は、今まとめておりますので

簡単に予防法・対処法だけを載せたいと思います


予防法
・体調を整える。(寝不足・飲酒・病気など)
・作業に入る前に必ず水分を補給する
・20〜30分に1回は必ずコップ1杯分の水分を補給する。
・屋外の場合は防止を被る。
・休憩・作業はできるだけ日陰を利用する。

熱中症になってしまった場合の、対処法
・体に異変を感じたら
 すぐに近くの人に知らせ、涼しいところへ移動。
・衣服を脱いだり、首回りを緩めるなどを行う。
・スポーツドリンク・食塩水(0.1〜0.2%)などを補給する。
(吐き気がある場合は、無理に飲まない)
・体に水をかけたり、濡れタオルをあてて扇ぐなどし、体を冷やす。
(太い血管のある、脇の下や首、足の付け根・股の間など)

上記は自身の意識がはっきりしており、
自身で対処ができれば良いのですが
他者が異変に気がついた場合には、
まず意識確認と吐き気の有無の確認行います
意識がはっきりしておらず、返事もままならない場合や
意識はあっても吐き気の有る場合は、ただちに救急隊を要請し
(もしくは直ちに病院へ連れて行く)
救急隊が到着する間に上記の対処法を行います。

また医療機関へ搬送する場合には
その場に居合わせて、状況が1番わかる人が付き添い
発症時の状態などを伝えることが大事です。
「暑い環境だった」
「いままで元気だった人が突然倒れた」
などの情報は処置を早く開始するためにも
積極的に伝えることが大事です。



などになります。
(わかりずらかったら、すみません

今の季節はピンとこないかもしれませんが
夏になったときに思い出してくだされば幸いです

熱中症についてまとめたら
HPなどで公開できたらと思ってます

参加して下さった皆さん
遅くまでありがとうございました〜
ふれあい館あれこれ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |