千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5月11日「森の学校」山で使える地図読み講座 | main | 「森の学校」ブナ林をシカから守るぞ >>

5月26日「森の学校」遊学の森モニタリング体験

遊学の森で、植樹をした木の種類ごとの数を調べました。植えた数と残っている数を比べ、森の変化を調べました。

今回調査した区画は15番・徳島県森林づくりリーダーの会の区画です。

参加者は、リーダー会のメンバーと、一般参加者の6名です。

まずは準備、テープに樹種・通し番号を書いて、種類ごとに束ねます。これを木に結び数を調べます。

 

みんなで手分けして作業を進めます。

 

記録をします。

結果は、他の区画に比べて残っている数が少なめでした。ここの区画は、以前別のグループが管理していたため、管理の方法の違いによって少なくなったのだと考えられます。

今後もモニタリングを継続して、森の変化を調べ、管理の方法を調べる手がかりとして役立ててゆきます。

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/948
この記事に対するトラックバック