千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「森の学校」山で使える地図読み講座 | main | 「森の学校」秋の高丸山ガイド登山 >>

「森の学校」高丸山の森の健康診断

10月27日 高丸山の森の健康診断を開催しました。

高丸山には広葉樹の自然林とスギなどの人工林があります。この二つの森の違いや森の現状を学ぶ行事です。

広葉樹の森は紅葉真っ盛り。青空バックにとてもきれいでした。

ブナ林を散策し、今日の調査地の杉林に入ります。

 

ここは杉の人工林です。ここで森の状況を調査します。

簡単な道具を使って、土壌、下層植生、木の高さ、直性の密度などを調べました。

 

こちらは、森の中の土壌の違いを調査しています。山土と腐植土に雨を降らせ、保水力の違いを実験しました。

一連の調査で、森の状況によって土壌が変わり、それが川の下流や海にまで影響を与えていることがわかりました。

参加者からは、自身の活動に活かせそう、などの感想もあり、。森の大切さを知ることができました。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/935
この記事に対するトラックバック