千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7月22日「森の学校」山で使える地図読み講座 | main | 8月26日 「森の学校」ブナ林をシカから守るぞ! >>

7月23日「森の学校」高丸山夏の昆虫観察会

こんにちは。

高丸山遊学の森で昆虫観察会を行いました。

今年の夏は梅雨明け後も夏空が見られず、この日も曇りで午後はところにより雨の予報で心配でしたが、子どもたちは虫を見つけて元気いっぱいでした。

朝は、ふれあい館に集合で、昆虫のお話を聞いていざ出発。

さっそくお隣の山の楽校の前にある小さな池にアメンボがいました。興味深くのぞき込む子どもたち。

高丸山駐車場についてから、ゆっくりと虫を探しながら遊学の森まで下りてゆきます。

バッタや毛虫、チョウの幼虫などたくさん見つけていました。昆虫先生から、この毛虫は毒はないよと教えられ、おそるおそる触っていましたが、大丈夫とわかり、みんなで次々と捕まえていました。

お昼ご飯のあとは、みんなで捕まえてきた虫たちの絵を描きました。

そして、アサギマダラ。旅をするチョウです。夏は繁殖をしながら北へと移動してゆきます。

高丸山にもアサギマダラが集まるところがあり、観察やマーキング調査ができます。

花の蜜を吸いに来たチョウはゆったりと飛び、子どもたちにも捕まえられます。チョウの羽に場所と日付、名前などを書き放します。このチョウがどこかで捕まれば移動の経路などがわかります。

子どもたちの名前を書いたチョウがどこかで見つかればいいな。

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/894
この記事に対するトラックバック