千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2015年02月16日のつぶやき | main | 2015年02月27日のつぶやき >>

2月27日の高丸山のようす

みなさんこんにちは、ガコです。33

最近、底冷えする冬の寒さから、日差しも春めいてきました。
春めいたと思うのは私だけではないようで、というより、ずっと敏感なのが生き物たちですね。
虫たちから始まり、野鳥のさえずりも、どんどん増えてきているように感じます。
春本番前に頑張って練習中のウグイスや、「チリリ、チリリ」という、名前のわからない小鳥。今朝はモズかな〜と思わせてくれる「ジッ、ジッ」という声も聞こえました。(春にも鳴くのね…)py
カレンダーを見ると、旧暦のお正月を過ぎたばかりです。まさしく初春にふさわしいですね。
これから花も盛りになってくるのでしょう。楽しみです。さくら

さて、鳥たちにも負けず、今日は久しぶりに高丸山に行ってきました。
風は冷たかったのですが、お天気良く、山歩きにはよい日でした。ゆう★


青空のもとの高丸山

森づくり区画の遊学の森は、こんな感じでした。

木も草もまだまだ冬のようす。


そんななか、モミやツガといった常緑樹がの緑が目立ちます。ほかの木たちに負けずに大きくなってほしいものです。


ブナも去年の葉っぱをくっつけたままの冬芽でしたが、こころなしか大きくなっている気がします。植物たちも、もうそろそろ葉っぱを開こうかとしているのかもしれません。


霜柱も発見。昨日の雨の水分で、朝方できたのでしょうね。きれいでした。

高丸山の自然林もちょっと歩きました。

雪がないなあ〜

と思ったら、

やっぱりちょっと残ってました。水飲み場までの途中です。凍っているので、歩くときは要注意です。


つるつる。

あ、そうそう、高丸山への道ですが、県道は雪はまったくありません。
町道も凍結はないのですが、それでも運転には要注意です


法面が凍結、解凍のなか、いっしょに土砂も落とす「氷ざれ」といわれる落石があちこちで見られます。

幸い大きな土砂はないのですが、氷ざれの石はとがっているものが多いので、車のタイヤを切る可能性があります。
これからの時期、高丸山に上がる方は十分注意して運転してください。





 
高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/785
この記事に対するトラックバック