千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2014年07月08日のつぶやき | main | 2014年07月13日のつぶやき >>

7月20・21日 森の学校「高丸山森と川の観察会」「高丸山夏の昆虫観察会」参加者募集中

こんにちはN西です。

いよいよ夏休み。山や川に出かける機会も増えてきます。外でいっぱい遊びましょう。
遊ぶだけでも楽しいけど、山や川の不思議なことを知っているともっと楽しくなるよ。

そこで、夏休みに入ってすぐの8月20日、21日に開催の行事を紹介します。

☆8月20日(月)「高丸山森と川の観察会 

詳しくはチラシをクリック


2回の連続講座で、森歩きや川遊びを通して、森と川とのつながりを観察します。

木々の葉っぱは落葉になり、微生物が分解し、一部は川に流れて森や川の生きもの・植物の栄養になります。
そんな森と川と生き物の関係を学びます。

1回目で森の葉っぱを川に沈めて、2回目でどんな生き物が葉っぱを食べたり、棲家にしているかを調べたりします。
もちろん川遊びも出来るかも。



☆8月21日(月・祝)「高丸山夏の昆虫観察会」

詳しくはチラシをクリック


高丸山の遊学の森で虫を探します。植樹10周年の遊学の森は、植物の種類も増え、そこに住む虫も増えてきました。虫と植物は切っても切れない関係があって、この木が無いと生きれれない虫もいます。そんな虫と植物の関係をのぞいてみます。

講師は、徳島県自然保護協会理事の行成正行氏です。各地で自然や昆虫観察会講師をしています。昆虫先生のお話は子供にも大人にもとても楽しいです。この虫こんな風に生きているんだ、と発見の連続です。

運が良ければ、旅する蝶 アサギマダラのマーキング調査も出来るかもしれません。高丸山や遊学の森でも飛んでいます。アサギマダラは渡りをする蝶で、みんなが見つけたアサギマダラが東北や沖縄で見つかるかもしれないよ。

暑さを吹き飛ばし、自然と遊ぼう。
イベントおすすめ情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック