千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2014年06月17日のつぶやき | main | 2014年06月20日のつぶやき >>

森の学校 「山で使える地図読み講座」 開催しました

こんにちはN西です。

5月10日・31日の2日間、山で使える地図読み講座の報告です。

毎回満席の人気講座です。安全な登山への関心の高さがうかがえます。
2日間での連続講座で、地図・地形の見方、コンパスの使い方などを学びました。


1日目は、基礎編。ふれあい館とその周辺での講習です。山と谷の関係や、地図に隠されいる様々な情報、こんなことまで地図を見ればわかるのか、と感心するばかりです。


屋外での実習もしました。地図の図記号は実際にはどこにあのか。三角点を探してみました。


遠くに見える景色と地図を見比べます。


そして、ふれあい館に戻って2日目の準備をします。
地図に磁北線、経緯度線をひいたり、地形の把握をしやすいように地図に印をつけたりします。
後は各自予習、復習をしてきてくださいね。・・・

そして2日目。高丸山での実践編です。
駐車場からは今日歩くルートが見渡せます。


最初は先生が先を歩き説明をします。皆さん真剣です。


頂上到着。ここでもコンパスの使い方を練習。


何度も練習を繰り返します。繰り返すことによって感覚が身に付きます。

次は、班に分かれてそれぞれが先頭を歩き、先生から出された課題を解いたり、道案内をします。
うーん、ほんとに学校みたいだ。


山を誰かに連れて行ってもらったり、後ろを歩いているばかりの人も多いと思います。安全なところで、安全な方法で練習すれば適度な緊張感や、発見があったりしてより安全に山を歩けるようになると思います。

迷わぬ先の地図、ぜひ活用してください。


 
イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/733
この記事に対するトラックバック