千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2013年11月22日のつぶやき | main | 2013年11月25日のつぶやき >>

11月23日 森の学校「上勝産材でままごとキッチン作り」開催しました

こんにちは、N西です。
11月23日開催した、森の学校「上勝産材でままごとキッチン作り」のご報告です。

キッチン作りは屋外作業なので寒さが心配でしたが、朝から快晴、風もなく、ゆったりと作業ができました。

今日の講師は、上勝在住の木工のベテラン 「下岡卓司とゆかいな仲間たち」 の4人です。

上勝産の木材を加工し、難しいところはあらかじめ組み立ててあります。工具の使い方や、材料の使い方など、詳しく説明を聞き、組み立てます。最初は電動工具なども使うので、大人の出番。


天板にシンク用の穴をあけます。


でも、子供たちもお母さんがドリルを使うのを見て、ぼくもやるーとお手伝い。


次第に組み上がり、形ができてきました。


ここから、皆さん工夫を凝らし、いろんなアイディアで、自分たちだけのままごとキッチンが出来上がります。
ぼくは木の輪切りを探し、何を作るのかな。


こちらでは、木の枝を探しています。


お母さんの横で、ちょこんと座り、一生懸命何かを作っています。


大きな糸鋸もお手の物。

 
いろんな飾りが出来上がります。ごとくや、つまみ、タオルかけ。いろんな棚もつけました。


こんなかわいいカエルもいました。


扉の内側にはこんな包丁立てもあります。


そして出来上がり。




アイディア満載で、楽しいままごとキッチンができました。
皆さん作ることが楽しくて、満足されたようでした。
子供たちにも手作りの楽しさ伝わったかな。
お孫さんや、お子さんのために作ったり、親子で作ったままごとキッチン。いっぱい遊んでね。


 
イベント報告 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

楽しい企画をありがとうございました。7時間経つのがあっという間でした。優しい講師陣のおかげですばらしい孫へのプレゼントができました。まだまだ進化中です。蜜蝋ワックスで磨いています。手作りの良さを感じながら毎日眺めています。
fukuta | 2013/12/03 2:15 AM
fukutaさま

こちらこそ、ありがとうございました。
蜜蝋ワックスとは…。すごいですね。
お孫さんが、楽しくキッチンを使ってくださればと思います。

世界でたったひとつのキッチンですね。思いのこもったキッチン。ぜひ、ご家族でよい思い出をつくってください。

がこ | 2013/12/21 1:26 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/689
この記事に対するトラックバック