千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2月18日の高丸山の様子 | main | 2/20 救命救急法 >>

着物の日〜ふれあい館では押し葉はがきづくり〜

 みなさんこんにちは。ガコです。

最近、業務がスケジュール通りに進んでいて、ちょっと
嬉しいです。
しかしクリアーしているのに、どんどこどんどこ業務が雪だるま式
に積み上がっていくのは、嬉しいやら悲しいやら。
仕事があるのはありがたいことですね。


さて、
先日の着物の日は賑わいました。
ふれあい館も花が咲いたように、華やかでした。

ふれあい館と着物、って、どんな関係があるの??ですが、
着物の柄とか、着物の染色とかは、昔から自然のものを素材にしており、
みなさんが着用している着物のひとつひとつが、日本の自然なのですよ。
な〜んてうんちくめいたものをえんえん話したあと、普段目にとめない
自然の発見をしてもらうことにしました。


うんちく垂れたガコ。
今回は洋服です。着物でなかったのです…。
まあ、これにはおバカな理由があり、結局今回はこのような姿でございます。


さて、植物。

マツ、ウメ、ロウバイ、ヒノキ、ナンテンなどなどを材料に…


何をしたかといいますと、


「着物で顕微鏡」をのぞく、です。

普段、あ〜、ウメってきれいね〜とか、スギ憎し!なんて遠くから見て思うのですが、
それを顕微鏡というツールを使うことで、こりゃびっくり!

花のかたち、花粉の姿、マツやスギの気孔、ヒノキの葉の小さな配列。
すべてがびっくり仰天の姿。

それを美しいと取るか、気持ち悪いと取るか。

どんな風にとってもいいのですが、何より大切なのは、今まで発見したことがない
自然の姿に、心を動かされることだと思っています。

この葉っぱ一つ一つの中に、トンデモない世界がある。
それを、発見してくださればと思っています。


「お母さん、みてみて〜〜」なんていう様子が見られるのも嬉しい限りです。
子どもも大人も着物を着て、着物の良さも発見、自然のすごさも発見。

そして、そんな発見をした後は、押し葉はがきづくりとなりました。



森をつくった方


かわいいお嬢さんも、台紙の上に花びらを散らします。

そして、台紙にデザインが決まったら、

その上に、アイロンのり付きの薄い紙をおいて、
エイっと、圧着します。

悲しいことに、のり面が逆で、当て紙にくっついてしまったお方が数名。
(こちらのミスです。すみません〜)

でも、こんな形でできあがりました。

ジャン


ジャジャン

どれもこれも美しいはがきができました。


今回は前半、後半と時間配分を分けていたので、後半は失敗をするもんか〜〜と、
心に強く誓い、

後半戦。

今度はダンシ率の高い参加となりました。

いろどりラジオのお兄さんも参加。

前半と同様に、顕微鏡で新発見、を行ってくださいました。
やっぱり食いつきが良かった…


スタッフのダニーや、常連さんのHピョンもいます。

葉っぱや花の配置は真剣そのものです。

着物ではないですが、「体験があるって聞いて…」と、参加してくださったおじょうさん。

かわいい女の子らしいはがきを作ってくれました。


そしてできあがり。

すてきな押し葉はがきができあがりました。

自然をみて、自然をとどめる、
そんなテーマのふれあい館の「着物の日」でした。

そして、参加したダニーはとても手応えを感じたようで、
「これ、イベントに使えるかも…」と感じているようです。

とくに、顕微鏡使った植物観察は参加者の皆さんの反応がよくて、
これには正直びっくりしました。楽しいのは知っていましたが、まさかここまで
楽しんでくださるとは。
ZWAの、Nんちゃんだけではなかった…

はがきを作りたい方はふれあい館まで。
ついでに顕微鏡で、自然の姿の新発見をしてみませんか??






イベント報告 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

くるくるハウスにずっとおったので、ふれあい館ではこんなことをしていたんですね〜また顕微鏡見たいなぁ。
ねころび | 2012/02/21 8:19 PM
ねころびさま

顕微鏡はいつでも出しますよ〜。
気になる植物があったら、ご持参あれ。
子どもたちも…、食いつくのはもうちょっと大きくなってからかな??
ガコ | 2012/02/23 6:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/536
この記事に対するトラックバック