千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 注連縄(しめなわ)でけたよぉ 〜★ | main | 冬のおこもり手仕事と囲炉裏体験〜2日目〜 >>

冬のおこもり手仕事と囲炉裏体験報告〜1日目〜

皆さんこんにちは。おひさしぶりのガコです。
 

今年もいよいよ終わりに近づいています。
ふれあい館の今年の開館日数もあとわずかです。

そんな年も押し迫った12月26日〜27日にかけて、



「冬のおこもり手仕事と囲炉裏体験」



を行いました。


目的は、昔の冬のように、寒い日を囲炉裏にあたりながら、室内でこもって、
わら細工をしようと言うものです。

まあ、本当に昔を知っている人々から言わせてみれば、若干、「え〜ほんまで?」
と、言われるような内容かもしれませんが、まあ、気持ち昔の人の体験です。


わら細工といえば、わらの生産地もはずせません。

ということで、まずは日本の棚田100選にある、樫原の棚田見学をしました。


すっかり冬の様相の樫原の棚田。
来年も良いお米ができますように。


参加者の方(一部)と田んぼの畦を歩きながら、お米のできるところを見て回ります


そのあと、囲炉裏、というか、焚き火に必要な焚き付けを集めます。



焚き付けとは、すなわちスギの枯れ葉(スギシバとこちらの方は言います)です


それをたくさん集めて、束にして…。


昔の運び方を○ちよさんに伝授してもらいます。

へえ〜〜〜、うまいこと運んでたなあ…


感心することしかりです。



お米のできるところも見た、スギシバも集めた。


いよいよ本番です。



場所は、以前からお伝えしている、上勝町福原の山中邸です。


参加者の皆さんと、スタッフが山中邸に付くと、ちょうどお昼だったのでまずは、囲炉裏を囲んで
昼食です。




お昼は、スタッフの○ちよさんお手製のお寿司


美味でした〜〜〜

ごちです。


ご飯がある程度入ると、作業場探検です。

山中邸にはいろいろ珍しいものがあります。
台唐臼といわれる、人力精米器足踏みわらない機。
そして、今回はこんなものまでありました。


石臼。


私は今まで生きてきて、そばを石臼でひいたことがなかったのですが、
今回山ほどさせてもらいました。


大人が楽しいのだから、子どもも楽しい。
ものすごく熱中して、そばをひいてくれました。


そばをひくのも、ゆっくり、しわしわと回しながら、少しずつそばの実を落としていきます。
あんまりはやく回すと、荒いそば粉ができあがるのだそうです。
おいしいそばを作るために、ゆっくりのんびり、スローな感じが大切です。

これも冬のおこもり仕事だなあと、しみじみでした。


さてさて、いよいよふご作り開始です。

その前に、ふごについてご説明を。


ふごというのは、わらでできた、入れ物のことです。


昔はこれに収穫した野菜ものとか、ユズとかユコウとかを入れて運んでいたそうです。
現在のとりかご(収穫かご)の感じです。

また、背中に背負えるタイプは「おいふご」と言ったり、お弁当を入れるので「弁当ふご」
ともいったりなどなど。おいふごは、むかしのリュックサックでしょうか。

昔の生活には欠かせないもののひとつでした。


今回の行事では、比較的簡単な、ふご(収穫かご)を作りました。



まずは、ふごの芯になる、親、とよばれるものを作ります。
これはわらをなって、長いわらひもを作ります。

しかし、このわらないが大変


親も子も、悪戦苦闘です。

わらないは、慣れないとできないんですね〜
コツをつかんだら作れるのですが、それまでは、昔の子どもの人の手つきを見て、
ため息を付くばかり。


どうして、こんなに簡単にできるんやろ????


まさしく魔法の手です。



しかし、わらないで時間をとられるわけにはいきません。
ある程度体験した後、どうしても無理なら、講師先生にお願いしました。

ご紹介が遅れましたが、今回の先生。

山中のぼさん

マホウの手を持つ、大工さん兼木細工兼わら細工の先生。

絶滅危惧種A類指定です。
重要文化財指定してもおかしくないです。

という人です。

今回は、のぼさん、で通してご報告いたします。


わらがなえたあとは、いよいよふご作り開始。

わらをここにおいて、ひもを交差して…



のぼ先生の説明をきいて、作ります。

でも、やっぱりむずかしい〜



けど、がんばって今こどもも、昔こどもも一緒になってふごづくり。


頑張った成果



27日はどうなったのか、明日の報告をお待ちください。


ちなみに26日の夕食。


囲炉裏で水炊き。

くつくつ沸く鍋を囲んで、みんなで食べる夕食は絶品でした

しあわせでした〜〜〜












イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/262
この記事に対するトラックバック