千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ミニ炭焼き体験、報告 | main | 10月のおすすめイベント情報 >>

高丸山ガイドのご報告〜秋の高丸山のようす〜

 9月27日、朝の天気予報では、午後から雨でした。
ううう、どうかもってくだされ、お天気様。

と、いうお願いが通じたのか、曇り空でしたが雨も降らず、無事に高丸山ガイドを行うことが出来ました。



今日の高丸山の様子。少し紅葉が始まっています。


ガイドさんは

田中さんと、谷岡さん

いつもいつもガイドを行ってもらいますが、その知識量にはいつも驚かされます。
一体どこで勉強してるんだろ。



参加者の皆さん、植物のガイドを聞くたび、「へえ〜〜」と驚きの声を上げます。


聞いてて私も楽しかったです。


ガイド中、いろんな秋の植物を見ることが出来ました。


まずは、アサマリンドウ
今日は曇りだったので、花は開いてませんでしたが、数多く姿を見かけました。



ブナ林でガイド中に、

「どさっ、バサバサバサ〜〜」

という、空から物が降っている音がしたので、回収。


これ、なんだろ???


後で聞こおっと。

小休止のときに、谷岡さんに聞きました。
「なんや、これはトチやで」

中に入っているのは、くりまんじゅうによく似た実。
でも、とっても硬いし、中身はとってもしぶいのです。

私、高丸山のトチの実がなるのをはじめてみました。


うれしい〜〜〜


高丸のトチに実がなったよ。
子どもが生えるよ。

世代交代が出来ると感じると、ほっとします。



高丸山はブナ林を抜けてからが、きつい登りが始まります。
ふうふういいながら、みんな登ります。

がんばれ〜〜〜


歩いている途中で、高丸山上級者コースが見えます。

あらっ、あんなに紅葉が進んでいる…。
今年は紅葉が早いかも。


頂上付近では、こんなかわいいものも発見。

この筋のところが割れて、赤い実を垂らします。
マユミの仲間ですね。


頂上に、お昼ごろについて、昼食タイム。
そのときに、さっき見つけたトチの実を田中さんに見てもらいました。

「トチはな、この真ん中の茶色のところが下に出っ張ってるところから芽がでるんよ」


おお、こんなところから


苗木を育てている、田中さんならではの、お話です。



お昼を食べた後は下山です。

またまた途中でこんな可憐な花を発見。

これは白色が強いです。


日当たりがいいとこんな色になります。

お名前は「シコクブシ」

お仲間で有名なのは、トリカブト


触っちゃダメですよ。
持って帰ってもダメですよ。

こんなものに興味があるのが知れたら、何事!と驚かれますよ。


でも、花は愛でるのに十分な理由があります。
かわいい花ですね。


高丸山ガイドはつつがなく終了し、怪我なく事故なく、無事に帰ってきました。


足が達者な方初めて山に登る方と様々なメンバーでした。


山を楽しんでもらえたのではないかと思います。

来月はバスハイク、「高丸山ガイド〜秋の紅葉ハイク〜」が行われます。
紅葉を楽しんで、ついでに植物ガイドも聞いてみたい方、普段は足がないから高丸山に来られない方にオススメです。

ぜひ、お問い合わせください。
申し込み受付中です。





イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hureaikan.jugem.jp/trackback/230
この記事に対するトラックバック