千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

4月29日「森の学校」春の遊学の森散策

こんにちは。

4月29日「森の学校」春の遊学の森散策をおこないました。

連休スタートのこの日、高丸山の森づくり区画、遊学の森を散策しながら、樹木医の後藤誠氏を講師にお招きし、参加者の皆さんと、樹木のことを勉強しました。

午前中は、駐車場からヤマザクラの咲く遊学の森を歩き、木の名前や病気の木などについて説明を受けました。午後は高丸山の自然林まで足を延ばして、巨木になった木々と森の様子を観察しました。

参加者の中には動物のことについて詳しい方もおり、森と動物の関係についても学ぶことができたという、盛り沢山な一日でした。

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」 山で使える地図読み講座

こんにちは、N西です。

今年度も「森の学校」山で使える地図読み講座が始まりました。

森や山を安全に歩くために、地図・コンパスの使い方や地形の理解を深めるための講座です。

毎年大勢の方にご参加いただき、山の安全についての関心の高さがうかがわれます。

ここでまとめて今までの3回の講座の様子をお知らせします。

 

第1回目。4月22日(土)

入門・座学編でした。

ふれあい館での室内講義で、地図の基本やコンパスの使い方の基本、地図を山で使うための準備などを行いました。

地図読みは初めてという方も多く、これからが楽しみですという声もありました。

 

第2回目。5月13日(土)

入門・実践編でしたが、あいにくの雨で室内講習となりました。

基本のおさらいや、今日歩く予定だった高丸山の机上登山をしました。

午後は雨が止んできたので、屋外で測量用の機器を使って山の方位を測ったり、プレートコンパスを使って歩く練習をしました。

外での実習がわかりやすかったという感想もありました。

 

第3回目。6月10日(土)

ステップアップ。前回行けなかった高丸山での実習をしました。

まずは駐車場で、周辺に見える山や目標の方位を測る練習をしました。測量用の機器と各種コンパスを使い、精度や使い方の違いなどを体験しました。

その後、高丸山の登山道を歩きながら、地形の確認や道迷いしやすい場所の特徴、迷わないためにはどうするか等、安全登山のための実習をしました。

次回は7月に開催します。ステップアップ編として、ルートを変えて実習する予定です。

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

県道16号 上勝町内時間通行止めのお知らせ

県道16号が上勝町内で時間通行止めが行われます。

高丸山方面に通行の方はご注意ください。

 

日時 5月22日(月)〜5月31日(水)

時間など詳細は下記をご覧ください。

 

徳島県県土防災情報管理システム

http://www1.road.pref.tokushima.jp/c6/frame.html?pathid=036110002101

 

 

お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

2月4日 「森の学校」 高丸山で雪の観察会

こんにちは。

2月4日「森の学校」高丸山で雪の観察会を開催しました。

雪の高丸山を登り、雪を観察したり雪山歩き、動物の痕跡を探したりする行事でした。

今年こそは雪の高丸山を満喫しようと期待したのですが、開催数日前からの暖かさで雪が溶け、高丸山頂上付近にしか雪がありませんでした。

雪山を歩くには物足りなかったのですが、それでも始めてのアイゼン歩行や、参加者の中に動物に詳しい方がいて、雪に付いた足跡から、その動物の解説をしてくださったり、楽しく登山が出来ました。

高丸山頂上では風も弱く、ゆっくりと休憩が出来ました。

雲早山や剣山はもちろん、中国地方や紀伊の山並みも遠望できました。

参加者の皆さんからは、雪が無くても満足と言う感想も多く、それぞれに楽しみを見つけての山歩きを楽しみました。

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

1月22日 「森の学校」 第11回千年の森セミナー

こんにちは。

1月22日に「森の学校」第11回千年の森セミナーを開催しました。

千年の森セミナーも今年で11回目になりました。今年のテーマは「里山」でした。
里山で活躍している3名の講師をお招きし、いろいろな視点から里山の魅力をお聞きしました。


NPO法人里山の風景をつくる会の近藤さんからは、川が繋ぐ里と山、田んぼの生き物やそこでの活動などのお話を伺いました。


日本野鳥の会徳島支部の曽良さんからは、里山の猛禽サシバのお話、鳥から見た里山の環境の変化などのお話。


一般社団法人上村集楽の松原さんからは、棚田の再生と地域活性他、様々な取り組みについてのお話をお聞きしました。

それぞれ違った視点からのお話でしたが、里山に対する思いが感じられ、里山の大切さなどを知ることが出来、とても有意義な一日でした。


 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

1月9日 「森の学校」 木のおもちゃで遊ぼう

1月9日「森の学校」木のおもちゃで遊ぼうを開催しました。

上勝産の木材を使った、木に親しむための遊び場を作り、子供たちに遊んでもらいました。



積み木や無垢の木で作ったいろいろなおもちゃで、子供も大人も思い思いに遊びました。

同時に隣の施設、山の楽校では、上勝どんど焼きが行われました。
お正月の飾りを焼き、その火で焼いたミカンやおぜんざいを食べて、一年の無病息災を祈りました。



新春のゆったりとした一日でした。
イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

12月18日 「森の学校」 森づくりとジビエ料理体験

12月18日「森の学校」森づくりジビエ料理体験を開催しました。

森とシカの関係を学び、シカ肉を美味しくいただくイベントです。
今年のジビエメニューは、メンチカツ、竜田揚げ、燻製の3品でした。



メンチカツではシシ肉を加えてみたり、燻製作りでは味付けの工夫、ゆで卵なども一緒に燻製したり、工夫しながら調理をしました。



調理が一段落したところで森とシカの勉強をしました。
シカ肉を食べることが、なぜ森を守ることにつながるのかを学んでもらいました。



そして、上勝産野菜、パン、スープと一緒においしくいただきました。
 
イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月20日・12月17日「森の学校」広葉樹を増やそう!

こんにちはN西です。

11月20日と12月17日に「森の学校」広葉樹を増やそう!を開催しました。

高丸山千年の森の「遊学の森」では、広葉樹の森づくりをしています。そこでは、高丸山周辺の森で採集した種から育てた苗木を植えています。
そこで、広葉樹の森を育てるには、まず種のことを知ることから始めよう、ということで企画した行事です。

1回目は遊学の森で樹木の観察や、種の採集をしました。


初めはふれあい館で種のことについての説明をしました。
種にもいろんな種類や生き延びるための知恵があることがわかりました。


そして遊学の森に移動して種さがし。
森はすでに冬の装いで、見つけるのが大変でしたが、落ちているものやまだ木に付いているものなど、何種類かの種を見つけることができました。


遊学の森は、植樹してから13年たちました。そんな木でも、もうたくさんの種がなっているんですね。


採集した種を観察します。
参加者からは、何気なく見ていた種のことを深く知ることが出来て楽しかった。という感想もありました。


2回目は、種の植え方、育て方の講習をしました。

千年の森開設当初からご協力をいただいているTさんに指導していただきました。


今回は、マルチキャビティーコンテナという苗木を育てるためのコンテナをを使って種を植えました。
苗木を育てるにはとても良いコンテナです。


種のこと、植え方のコツなど教えていただきました。


最後に苗木の圃場を見学しました。

今日植えた種も、来年の春には芽を出すはずです。芽が出るのが楽しみです。
皆さんも頑張って芽を出そう、と張り切っていました。
ぜひお庭の木を増やしてください。
 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月13日・12月11日 「森の学校」森づくりと炭焼き体験

こんにちはN西です。

11月13日と12月11日の2日間、「森の学校」森づくりと炭焼き体験を開催しました。

1回目は、山から切ってきた木を炭窯に詰めて、火入れまでの工程を体験しました。


これは樫の木。かたくていい炭が焼けます。
太い木は適当な太さに薪き割りをします。


こちらは飾り炭の仕込み。缶にまつぼっくりや、栗のいがを入れました。
これも炭窯に入れます。


炭窯の奥から順に原木を詰めます。
窯の構造、詰め方などを教わりながら、手分けして詰めました。


窯の中はこんな感じ、だいぶ詰まってきました。
入口いっぱいまで詰めたら入口を閉じます。



そして火入れ。焚口を作りこれから朝まで火を焚きます。

1回目の作業はここまで。その後3日間、窯の火の管理をして、無時窯を閉じました。


2回目は、窯を開けて、焼き上がった炭を出して袋詰めの体験をしました。


入口を開けます。どんな炭になっているか楽しみです。


炭窯の中。焼けた炭が下のほうに積み上がっていました。
硬くていい炭でした。
炭になると容積が小さくなるので、原木でいっぱいだった炭窯が空いていました。


飾り炭です。栗のいがも見事に炭になっていました。
きれいに飾るとかわいいです。


炭窯から出した炭は、適当な長さに切って袋詰めします。

原木の種類によって炭の質が違うことや、木を切ることが森の管理に役立っている事など、色々と勉強になりました。

出来上がった炭はふれあい館に飾っています。ぜひ見に来てください。
 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月23日「森の学校」上勝産材でままごとキッチンつくり

こんにちはN西です。

11月23日に「森の学校」上勝産材でままごとキッチンつくりを開催しました。

木の手作り作品を、お子さん用に作ったり、お孫さんへのプレゼントにしたりと毎年大好評のイベントです。
講師は、上勝在住の製材、木工のプロの方々です。
説明ののち、作業開始です。


あらかじめ細かいところを組み立てた部材を組み立ててゆきます。
この使い方、組み立てのコツなど教わります。


だんだん形が見えてきました。
皆さん、扉のちょうつがいの取り付けに苦労していました。


形ができたら、キッチンの飾りつけに取り掛かります。
思い思いの飾りつけで楽しそうです。


電動工具もお手の物。


お孫さんの顔を思い浮かべながらの作業はとても楽しそうです。


こんなキッチンができました。
アイデアいっぱいのキッチンです。

 

夢のある作品で楽しく元気になりましたとの感想もあり、木のぬくもりに触れ、みなさんとても満足の1日でした。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |