千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

遊学の森 合同つる切り大会実施しました

みなさん、こんにちは。ガコです。33

ここ2日ほど暖かい日が続いていますが、それまではびっくりするくらい寒くて、ふれあい館では火鉢を出さなくてはいけないか、と思ったくらいでした。
それでも、明日の雨以後はまた寒くなるそうです。一雨一雨ごとに、秋が深まり、冬に近づいていきます。もみじ

さて、先日、遊学の森では、合同つる切り大会(森づくり大会)が行われました。


とってもいい天気でした。活動日和。晴れ
そして、2回の台風後なので、頂上付近では葉っぱがないんじゃないか、と思われるくらい、白い枝がちらほら見受けられました。近日中にチェックして、またブログでアップしますね。

秋の合同森づくり大会は、これで2年目なのですが、どうも参加者が少ない。ゆう★
ということを、森づくりボランティアの人に話すと、「今の時期は行楽とか、運動会とか、イベントとかが目白押しだからね〜」とのこと。
!なんと!!そうであったか!!!ゆう★ゆう★
ということで、みなさんが参加しやすいように、来年はもうちょっと日程を考えてみようと思います。


とはいえ、少人数でも森づくりはできます。つる切りだし、なにより木が大きくなっているので草を刈るのも楽ちんなのです。ゆう★
頑張って作業して、半日程度で作業終了。


みんなで作業終了後は、お弁当を広げて、森の中で昼食です。
おにぎりがおいしかったです。


キレイになった森を見て、来年も大きくなれよ〜と声をかけて、山を後にしました。

参加してくださった、ボランティアの皆さん。
お疲れ様でした。
また来年も、一緒に森づくりをしましょう!ゆう★

 
遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

森づくり、合同草刈り大会でした

みなさん、こんにちは。ガコです。33

台風がやってきていますね。
上勝も雨がたくさん降る町なので、台風が来たらどうなるか。あまり大きな被害が出なければいいのにと思っています。やかんさん
そのせいか、今日は日中、暑い風が吹いていました。おかげで、ちょっとあおぐものが欲しくなったくらいです。エアコンはなし。
そうそう、蝉が鳴いていました。アブラゼミでしょうか、「ジーーー」という声が聞こえました。昨日はヒグラシの声も聞こえたくらいです。だんだん夏らしくなってきています。
台風中、彼らがひどい目に合わなければいいなあと思います。


さて、7月6日、高丸山の森づくり区画では、「合同草刈り大会」が開催されました。坂ラン


いつものように、ふれあい館で集まって、あいさつ。

今年は森づくりがスタートして11年目です。
本当に長い間、森づくりをがんばって来ました。
森づくりのボランティアさんにはただただ、頭が下がります。

11年目の森。

こんな感じ。
昔はこんな感じでした。

草の中に苗木が埋もれていたのですが、今じゃ、木の中に草があるという状態です。


ということで、草刈り?というクエスチョンがついてしまう、草刈り大会なのですが、やはり区画のそばに行くとこんな感じ。

写真のお二人は、担当区画を持たない一般ボランティアさんで、毎年毎年、草を刈りに来てくれます。ありがたいことです。

今回の合同草刈り大会は、いろんな団体が参加してくれました。

こちらは東亜合成さん。アロンアルファの会社です。すごい熱心だし、楽しいグループです。


今年で2回目。おかげで木がぐんぐん大きくなっています。


つづいてこちらは、森林づくりリーダーの会さん。今年度から区画を持ってくださいました。


作業がひと段落した後は、植物の勉強もされたようです。熱心です。

こちらは、徳島ハイキングクラブの皆さん。

今回は草刈りと、植樹木の名札つけを行いました。


雨がぽつりぽつり降る中でしたが、皆さんの頑張りで、残存木の本数もカウント終了。
11年間の成果が出ました。ゆう★


こちらは山法師さん

大勢で一斉に刈って、休憩タイムもとって、雨が降る前に無事終了されたとのこと。
こちらもいい森になっています。ゆう★


最後に森の案内人ネットワークさん。
「雨が降ったらやめとこうと思ったんよ〜」とのことでしたが、雨が降ってもがんばってくれました。
ありがとうございました。


本当にいろんな人が関わってくれて、いろんな人の汗と、思いでできている森。
いい森になっています。にたにた

ぜひ、一度遊びに来てみてください。高丸山、自慢の森になりつつあります。
 
遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

森づくりボランティア ときめいten山の活動報告

みなさん、こんにちは。ガコです。33

森づくりシーズンです。
先週も私は、森づくりの先生について行って、いろいろご教授いただいておりました。
すごい先生なのです。教えるのは上手だし、よくわかるし、そして木なんかひょいひょーいと登っちゃう。ゆう★


大きくなったミズキの枝が張りすぎて、近くの木の成長を邪魔しているので、枝を伐っている先生。
いずれ、私もこういうことをしないといけないのかしら…。重みで枝がもげねばいいが…。

その先生が、「これ、なに?」
とおっしゃるので、よくよく見てみました。

最初、緑色のまゆかと思ったんですけど、しっかり虫さんでした。
ふれあい館に帰って調べてみたら「ヒメヤママユ」という蛾の幼虫でした。緑色のふわふわの毛がとても美しいですね。こんなおいしそうな色合いをしていたら、他の生き物にパクっとやられちゃいそうです。

こんな生き物も、遊学の森で見られるようになってきました。ゆう★


さて、そんな生き物がちょっとずつ豊かになってきている、遊学の森。
昨日は雨降る中でしたが、四国大学の田村ゼミの学生さん方が、森づくりにやってきてくれました。

もう、まるっと10年間、毎年毎年森づくりに来てくれています。


作業の前に、自分たちの先輩たちが作った森について、レクチャーを受けます。
そのあと、使い慣れない鎌やノコギリを持って、区画に入っていきます。


足元もツルツル滑りましたが、頑張ってくれました。


そしてさすが学生さん。「ハイ撮るよ〜」と言ったら、カメラ目線にしっかりなってくれました。


彼らは今回の「木伐り大好きで賞」をあげたいくらい、植えた木の成長を遮っている木を伐ってくれました。

朝早くから、お昼まで。ほとんど休みなく作業してくれました。

終わって記念撮影。とてもいい顔です。

雨降る中でしたが、森づくり、しっかりやってくれました。手
来年来たら、また木は大きくなっていると思います。お疲れ様でした。

あずまやで休憩時に、学生さん方にちょっと遊んでもらいました。

徳島では、とてもメジャーなサルトリイバラ(サンキライ)の葉っぱ。柏餅で使われますね。
それをふたつやよっつに折ってもらって、好きに噛んでもらいました。すると、それぞれいろんな模様が出て、面白かったです。へ〜。こんな風になるんだ。と感動しました。


メンバーが後にした、遊学の森で、いろんなものを発見。

今の遊学の森では、ちょっと迷惑になっているツル。スイカズラ。蜜は甘く、お花はきれいなんですけどね。


創造の森には、ヤマボウシがまぶしいくらい目立っていました。


高丸山は雲に隠れて、見えたり見えなかったり。
でも、こういう日もいいものです。


駐車場手前から市内の方向を見ると、雲海も出ていました。きれいでした。

次の森づくりは、7月6日(日)に合同草刈り大会です。
どうか良い天気でありますように。


 
遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

遊学の森 合同つる切り大会報告

みなさんこんにちは。ガコです。33

気が付くと、え、もう6月10日なの!とびっくりしております。
そしてもう一年の半分を更新中とは、ただただ、日が経つ早さに驚いております。ちょっと、早すぎませんか?

早すぎるといえば、この方たち。

先日、ふれあい館でピヨピヨ囀っていたかと思ったら、私の知らぬ間に巣立っておりました。今年も巣立ちを見逃した私です。ゆう★(ああ〜〜)
でも、おしくらまんじゅう状態で巣にいる、ツバメの子どもたちは非常にかわいらしかったのでございます。ゆう★
来年も来てほしいなあ。

さて、そんな初夏の風景の中、高丸山の森づくり区画では、合同つる切り大会(森づくり大会)を、5月25日に行いました。

めっぽう天気がよく、森づくり日和でした。Docomo1
遊学の森はもうすっかり新緑がまぶしく感じられる、ちょっとした森状態です。


上から見下ろすと、いつも休憩場所で使っているあずまやは屋根しか見えない。
10年前はここは草原状態だったのです。今では誰が想像できるでしょうか。
森になるって、すごいなあ。


ガマズミの仲間もきれいな花を咲かせていました。
この植物は、自然に生えて大きくなっています。


この日は、小さいお子さんも参加してくれました。
大人に交じって、森づくりです。


大人たちは区画へいざゆかん。


作業をちょっと休んで、ちびさんは、おじさまお姉さまに葉っぱ図鑑を貸してもらってお勉強。


お母さんが草刈りする横で、図鑑をめくり…。将来の植物学者さんでしょうか。

ちびさんといえば、遊学の森で順調に大きく育ち始めていました。

ブナの子どもです。
ちょっとわかりにくいのですが、手前の青いポールのそばにいる白い幹がブナです。
大きくなりつつあります。

そうそう、今回の森づくりの目的はつる切り。

つるを切らないと、木に巻き付いて、やがてはぎちぎちに締め上げてしまうのです。
これを切ることが大切なのです。

お昼は、遊学の森11番区画の仙樹会さんの横にある、素晴らしい木陰でシートを広げてお弁当を食べます。

よくぞ、木陰をつくるための木を植えてくれました。感謝感激です。
これからの時期、ここで休む人はたくさんいることでしょう。


こちらが仙樹会の方。木が大きく育っているのを嬉しそうに見ておられました。ゆう★
私もうれしいです。また来てね。

作業も無事終了。
みんなで記念撮影をしました。

みんなで作る遊学の森。
今年も遊学の森の木々は大きく育ちます。


 
遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

遊学の森づくり〜東亜合成さん〜

みなさんこんにちは。ガコです。33

昨日、一昨日ととても良い天気でした。この2日間は山に行きっぱなしで、久しぶりに事務室でパソコンと向き合っています。
室内作業も大事ですが、高丸山に行って新緑がきれいだなあとか、いろんな植物の芽生えが今年はあるよ、なんていうことを皆様にお伝えすることも大事だなあとつくづく感じております。

さて、そんな山の様子ですが、現在はとても新緑がきれいです。天気の良い日に山に行くと、緑がまぶしくてまぶしくて、癒され度は満点クラスではないでしょうか。ゆう★

大きなトチノキの葉っぱが見えます。

そんな高丸山の自然林を再生しようという取り組みを高丸山ではじめて、今年で11年目です。
県民参加の森づくりということで、県内の様々な団体がボランティアによる森づくりを行っています。
今回ご報告するのは、その1団体である、東亜合成さんです。

東亜合成さんはアロンアルファで有名です。
かくいう私も時々お世話になっています。


遊学の森からは、高丸山が良く見えます。


東亜合成さんの社員の皆さんが、今年も大勢やってきてくれました
遊学の森に初めて来たかた、何度も来ているベテランの方々などいて、しかも装備もバッチリでした。ピース

安全についてのレクチャーをした後、東亜合成さんの担当区画で作業スタート。

補植して、まだまだ小さいブナたちの周りの草刈りやつる切りをしたり、


大きく成長したミズメたちに絡み付こうとするつるを切ったりしました。

傾斜も急なところもありますが、頑張って作業して、


一息ついているところです。


作業終了後は、みなさんで記念撮影。
終始にぎやかで、森づくりにも熱心でいらっしゃいました。
お疲れ様でした。

またどうぞ、お越しください。

【おまけ】
遊学の森でちょっと散策していると、こんなお客さんがとまってくれました

ミズメの幹に止まって樹液を吸っていたのですが、ひらり、と飛んで私の足に止まってくれました。しばらく羽をゆっくりぱた、ぱた、と動かしていましたが、写真に収めさせてくれたあとは、「もういいでしょ」とばかりに飛んで行きました。
ちょっと調べると、タテハチョウの仲間でヒオドシチョウというようです。
広葉樹の樹液を吸って、子どもはエノキの葉っぱを食べるようです。遊学の森にはエノキがないので、どこかで繁殖しているのでしょうね。
 
遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

森づくりと山菜食体験 活動報告

みなさんこんにちは。ガコです。33

ふれあい館周りではタンポポが花盛り!しかも在来種のカンサイタンポポたちとあれば、私の気分もますます上機嫌。
タンポポたちはお日様に向かってめいっぱい花を開かせて、まるでタンポポたち同士で会話しているようでした。ゆう★
かわいいなあ、かわいいなあと思っていた矢先。

見事に草刈り機の攻撃を受け、全滅してしまいました…。_| ̄|○
とても残念無念。ぐすん

あと一週間我慢してくれたら、タンポポたちのお仕事も終わり、綿毛を飛ばすまでに至っていたのですが…。
せめて、せめて綿毛まで我慢してほしかった、と、事務室でがっくりしておりました。

さて、ふれあい館では草刈り一つにがっくりきておりましたが、山では木を伐ったりしておりました。

ちょっと前の活動ですが、高丸山の森づくり区画で、「森づくりと山菜食体験」を行いました。

遊学の森から見上げた高丸山。新緑はふもと側から始まっていますね。駐車場からはアケボノツツジのピンクも見えました。


遊学の森では、植樹して11年目。の、ヤマザクラが花を咲かせていました。嬉しい限りです。


今回の参加者数。12名プラスかみかつ里山倶楽部スタッフ3名でした。
中には小学生もいて、一緒に活動しました。


作業区画まで下りて行って、まずは森づくりのことと、今回の作業をなぜ行うのか、の説明をしました。

遊学の森では広葉樹の木を平成16年〜18年と、22年に植えました。そのあと、森づくりボランティアの皆さんの力で、育林活動が進められ、今ではちょっとした雑木林になりつつあります。
ただ植樹した木以外に、自然に生えてきた木もありまして、その中のタラノキが植樹木の成長をはるかに超すスピードで大きくなってしまいました。タラノキのそばに植えられた木たちは、タラノキが夏場に広げる葉っぱの影響で、日射が少なく、なかなか大きくなれません。そのため、タラノキを今の時期に伐って、植樹した木たちの成長を促そうというものです。
ついでに、伐ったタラノキから、新芽をいただいておいしくいただこうというのが今回の行事目的なのでした。

参加された方に一通りの目的を説明した後、区画に入ります。

平たい山ではないので、足元を気にしながら作業を行います。




木を伐るという作業自体、参加者の皆さんはあまり体験していないので、ノコギリ作業もふうふうです。
「森づくりって大変ね〜」という方もおられました。
大変だけど、今回は美味しいものもいただきます。頑張りがいがあるというものです。


終盤では、みなさん刃物の扱いもすっかり慣れていました。


作業も終わり、休憩所のあずまやまで歩きます。遊学の森の木々の新緑がとても美しかったです。やわらかい色味が何とも言えません。新緑までみられるようになったか〜と思うと感慨深いものがあります。


採ったタラメは天ぷらと


酢味噌でいただきました。

山で採りたての山菜をすぐにいただく。とても贅沢な1日でした。

さあ、次は「遊学の森 合同つる切り大会」です。
広葉樹の森を人の手で進めていきます。いい汗かきにきてみませんか?どなたでも大歓迎です




 
遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

6月に入って、森づくりボランティアの活動報告

 みなさん、こんにちは。ガコです。

梅雨時なのに雨が降らない、という、この先の夏の暑さを考えると、あんまり嬉しくない気候です。
昨日はちょっと降りましたが、あれだけではなあ…。
田んぼや、畑のなりものが大きくなるだけの雨が降ってほしいものです。


さて、久しぶりの投稿となりますが、6月に入ってから、森づくりボランティア29団体の面々が森づくり活動に汗を流してくれました。
お疲れ様でした。

1団体目。6月2日に来てくれました。

「環境+建築」ネットワークさん。

森づくりには最適の天気。薄曇りの中での作業でした。

大きな造林鎌でばさばさ、シロモジを伐っていました。


こちらは手鎌でこつこつと。

そのときにみられた、遊学の森の花。

エゴノキのつぼみ。花が咲くとすごいことになるだろうなあ。


タンナサワフタギの花。
ちょっと遠くから見ると、ふわふわに見えて、思わず「何の花かなあ…」と引き寄せられてしまいます。


2団体目。東亜合成さん。6月8日でした。

今年2回目です。
前回は、木の名札つけでしたが、今回はしっかりとした森づくり活動。


植えた木の成長を阻害している、シロモジやノリウツギなどを伐採。
ナタを持つ手も様になります。


伐った後は、来年の作業の邪魔にならないように、木を細かく刻んで整理します。
これが、次回の作業の時に効くのです。



数年前は草原状だった区画も、木が大きくなってきていて、森らしい顔を見せ始めています。


その日の一番すごい人。

ふとみると、木に登って枝を払っている、森づくりの先生、Sちよ先生。
一番かっこよかったです。
私は、登る前にずり落ちるのが関の山。


その日見られた、見事なエゴノキ。

蜜をもとめて、たくさんのハチたちがブンブン飛んでいました。
ハチたちのおかげで、たくさんの実をつけることでしょう。


ヒメシャラのつぼみ

写真では二つですが、木全体では、つぼみをたくさんつけていました。
花が咲くのが楽しみです。


3団体目。徳島銀行さん。6月15日でした。

初めての方から、何度も来ている方まで、いろいろのメンバー。

鎌の扱い方、草の刈り方を教えて、斜面上に刈りながら上がっていきます。


シロモジも除伐してくれました。


その日の遊学の森で発見、花。

やった、ヒメシャラの花が咲いた!
じ、10年かかってやっとここまで大きくなりました。
花が咲き始めるのを見るのは本当に嬉しい。

夏に向けて、これからもどんどん森づくりボランティアさんたちがやってきます。
その団体ごとに、特色のある森になってきています。
これからどんな森になっていくのか、楽しみです。



遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

遊学の森〜東亜合成さんが作業に来てくれました〜

みなさん、こんにちは。ガコです。33
久しぶりの投稿となります。
とはいえ、いつもいろんな発見はあり、最近はツバメさんが毎年なら今頃は巣作り、子育てに忙しいと思うのに、姿を見かけないのが本当に気になります。
心配です。
なにかふれあい館がツバメさんたちのご不興を買うことがあったのかと、聞いてみたいのですが、なにせ姿が見えないし、ツバメ語は知らないし、うろうろ空を見上げる始末です。
みなさんのところではどうですか?ツバメさんたちは子育てしていますか?
そしてツバメを見かけたら、上勝のふれあい館は巣が空いてるらしいよ、とお伝えください。


さて、今日は高丸山遊学の森に森づくりボランティア29団体の、「東亜合成」さんが作業に来てくださいました。
駐車場から見た高丸山。すっかり緑色の山です。

いつも賑やかな、楽しいメンバー。
今朝突然「今日は草刈りじゃなくて、植えた木の本数調査をしましょう」と言われたのに、嫌な顔一つせず、楽しんで作業をしてくださいました。
終了後の記念撮影。みなさんいい顔です。

10年目の今年、いままで頑張って大きくした木がどれだけ残っているのかをみんなで調べて、「よく頑張ったなあ」と今までの10年を褒めてもらうのと同時に、植樹木の本数データは、次の作業に大きく生かすことができます。
調査というと難しい感じを受けますが、楽しく、グループ内のつながり強化になる取り組みをやっていきたいと思います。ゆう★


そして今日見た、遊学の森の嬉しい発見。
アサガラの花。こんな花だったんだと驚く始末。



ヤマボウシの花。小さくて可憐です。



成長著しいブナの木

う、嬉しい。 花が咲いたよ、花が咲いたよ。ここまで大きくなったよ。と大声で叫びたいくらいです。 よくここまで頑張ってくれたボランティアさんと、木々に大感謝。



遊学の森のあずまやから高丸山山頂


10年前にスタートした時は、まさかこんな森にまでなるとは、誰が思っていたでしょうか。 本当に嬉しい限りです。
次の10年目はどんな森になっているのか。 本当に楽しみです。


遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

森づくり区画 遊学の森の紅葉

 みなさん、こんにちは。ガコです。

先週はいきなり寒くなって、雪降る高丸山をダニーがご紹介となったり、
また暖かくなったりと、寒暖の差が朝晩だけでなく、日ごとも違うという
驚きの気候が続いています。
私もあわてて自宅の火鉢を引っ張り出して、炭をいこしては、暖をとりはじめて
います。あと、渋柿をむいて干し柿づくりなど、冬を迎える準備を着々と
行っております。
渋柿を干して、甘くしていただくなんていうことを編み出した、昔の人はエライ!
と思いながら、ぷっくりしている柿がはやく干しあがらないか毎日眺めています。


さてさて、ちょっと前の11月13日〜15日の間に、私とダニーが別々で
遊学の森の紅葉を見てきました。
とてもきれいでした。


これは15日の高丸山。雪の高丸山でした。
詳しくは、前回のブログをご覧ください。
青空がとてもまぶしいです。

遊学の森におりていくと、紅葉は終わりかけでしたが、それでも十分きれいでした。

緑色がスギ・ヒノキの人工林。手前が遊学の森です。
黄色、緑と色彩豊かです。


今年の紅葉は、赤色系が目立ちました。
昨年は、こんなにたくさんの赤色は見えなかった気がします。


メイン作業道にたれるススキの穂。
秋の景色です。


ダニー撮影のカエデの仲間。黄色が鮮やかです。

そして、黄色といえばこの木。

本当に美しい、シロモジの黄葉。
苗木の成長を遮る樹形をしているので、最近は伐られてしまいますが、
黄葉は本当にきれいです。
まぶしい〜〜〜
シロモジがたくさんだと、遠目からだと山が金色に輝いて見えます。


コハウチワカエデ。
赤、オレンジ、黄色、緑と同じ一本の木で、たくさんの色彩があります。
いやはや、きれいなものです。


高丸山の紅葉は、ブナの自然林だけじゃない。遊学の森も、木が育つにつれて
見どころたくさんの森になります。
今後、毎年毎年紅葉が楽しめる森になってきますので、高丸山にお越しの際は、
遊学の森にもお立ち寄りください。
これからは来る人も大勢になるかなあと、ちょっと楽しみにしています。


遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

遊学の森森づくり活動〜「環境+建築」ネットワーク〜

 みなさんこんにちは、ガコです。

昨日も雨が降り、高丸山の紅葉、落葉も進んだことでしょう。
例年の紅葉シーズンは、11月10日ごろまでです。
今はブナ林の紅葉がいい時期です。終盤を迎えるころです。
ぜひ足を運んでみてください。

さて、ちょっと前ですが、高丸山の森づくり区画で、ボランティア29団体の1団体が
森づくり活動を行ってくれました。

使用前で写真撮影。たくさん元気があります。

今回は「環境+建築」ネットワークさん。
様々な地域から参加者が集まっていました。


今回、すごかったのが、このかた。
神山から森づくり作業にご参加くださいました。
ふれあい館の大鎌を慣れた手つきで操って、太いカヤを刈っていってくださいます。

皆さんのお力で、草も刈れました。
ありがとうございました。


あずまやで昼食。

昼食後、休憩を取ってから、駐車場まで頑張って登って行かれました。
お疲れ様でした。
遊学の森 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |