千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「森の学校」春の薬草料理体験

こんにちはN西です。

4月14日(土)春の薬草料理体験を開催しました。

春の薬草たっぷりのランチを楽しみました。

講師所有の畑で薬草を採集しました。無農薬の畑で安心して採集できます。

 

採集した薬草です。種類も量もたっぷり。分類して調理開始。

 

下ごしらえをします。

 

ストーブでお湯を沸かします。燃料はもちろん間伐材。

 

ということで完成。

メニューは、うこぎご飯、のびると厚揚げの炒め物、こおにたびらこのナムル、薬草茶など

 

いただきます。

自然のミネラルたっぷりの春の恵み、おいしかったです。

今年は秋にも薬草料理体験をします。ぜひご参加ください。

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」山で使える地図読み講座

こんにちはN西です。

いよいよ新年度の行事が始まりました。

まずは毎年好評の「山で使える地図読み講座」です。今年度も5回開催します。

地図読み初めての方、昨年から続きの方、以前受講された方、地図読み経験も様々な方々にお集まりいただきました。

第1回目は、4月13日(土)。座学とふれあい館周辺での入門講座でした。

午前はふれあい館で、地図とコンパスの基本を学びました。

 

1/25,000地形図を山で使うための準備です。

 

午後は屋外で実習をしました。ふれあい館の近くのグランドで、地図とコンパスがあれば正確に歩けることを体験しました。

地図とは、コンパスとは、というところから始まり、これから山を迷わずに歩けるように実習をします。

皆さん、これからも頑張ってください。

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」冬の高丸山を歩く

こんにちはN西です。

2月2日「冬の高丸山を歩く」を開催しました。

今年の冬は暖かく、高丸山では1月になってもあまり雪が降らなかったのですが、行事1週間前になってようやく雪が積もり、雪の高丸山登山となりました。

天気は快晴、風もなく快適な登山でした。

 

今年は、徳島県勤労者山岳連盟の方をお招きし、雪山の歩き方、アイゼン歩行の仕方、ピッケルの使い方など、雪山登山のことをいろいろ教えていただきました。

 

森の中では、だれも歩いていない新雪歩きを楽しみました。

 

頂上直下、ここはいつも凍結するところ。アイゼンを装着して慎重に登ります。

 

頂上は風も無く、快晴の天気。剣山がよく見えるところまで足を延ばしたり、穏やかな山頂でゆっくりと過ごしました。

 

空気も澄んでいて、剣山もすぐ目の前に見えました。

皆さんも、「雪山のことを教えてもらいとてもためになった」「雪と天気に満足」という感想が多く、雪山をたっぷり楽しんだ一日でした。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」第13回千年の森セミナー

こんにちはN西です。

1月20日 第13回千年の森セミナーを開催しました。

場所は、徳島市シビックセンター。

今年のテーマは「身近なサクラの危機」。サクラやモモなどを食害して枯らしてしまう、特定外来生物のクビアカツヤカミキリについての勉強会でした。3名の講師をお招きし講演をしていただきました。

宗實久義氏からは、クビアカツヤカミキリについて、

中野昭雄氏からは、被害の実態と対策、

小串重治氏からは、市民調査活動につての講演がありました。

 

講演後には意見交換を行い、被害の実態や対策、問題点、被害拡大防止などについて意見が交換されました。

参加者からもたくさんの質問がありました。

これ以上被害が広がらないよう対策が進むことを願います。

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

木のおもちゃで遊ぼう

こんにちはN西です。
1月14日にふれあい館で「木のおもちゃで遊ぼう」を開催しました。

ふれあい館のフロアーに、木で作ったおもちゃを広げ、子供たちに自由に遊んでもらいました。みんな無垢の木の肌触りやぬくもりに触れ楽しく遊んでいました。

 

お隣の施設の山の学校ではどんど焼きが行われ、皆さんが持ち寄ったお正月飾りを焼き、その火で焼いた焼きミカンを食べたり、おぜんざいが振舞われ、一年の無病息災を祈りました。

新春のゆったりとした一日でした。

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」ブナ林をシカから守るぞ

こんにちはN西です。

12月2日(日)高丸山のブナ自然林をシカの食害から守る活動で、今年度3回目になります。日亜ふるさと振興財団助成事業です。

場所は、水場から高丸山荘を通り過ぎ、少し登った左側の斜面付近です。

そして今回は、一般参加者と一緒に徳島県森林づくりリーダー養成講座の受講生が、講習の一環として活動に参加してくれました。

まずは、講師の先生から、ネット張りの意義、張り方などの説明がありました。

 

設置場所を決め、印をつけます。

 

ポールを立てます。

 

みんなでネットを伸ばします。

 

ポールと地面にネットを固定。

 

完成。今日は約10m四方の区画を2張り設置しました。

何度も参加してい方や、山の作業になれた方も多かったので、手際よくネットを張ることができました。

講師からは良い出来との講評をいただきました。さらに良く張るコツも教わりましたので、次回の参考にします。

2019年度も活動を続けます。ぜひご参加ください。

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」上勝産材でままごとキッチン作り

こんにちはN西です。

11月23日(金・勤労感謝の日)、今年もみんなで作りました「ままごとキッチン作り」

これが材料、スギの無垢材です。あらかじめ大まかに組み立てたパーツを組み立ててゆきます。

 

講師は、上勝町内の木工に関するプロたち。コツを教わりながら作業開始。木のことなら何でも教えてくれます。

 

子供も一緒に協力して作ります。

 

 

形が出来たら自由に飾りつけ。

 

お母さんも電動工具を使って仕上げをしています。

 

こんな風にできました。お子さんと一緒に作った、ままごとキッチン。

楽しく遊んでね。

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」森づくりと炭焼き体験

こんにちは。N西です。

年末に行われた炭焼き体験の様子をお伝えします。

場所は上勝町内の杉地です。

1回目は11月18日。事前に山から伐り出した広葉樹の原木を炭窯に詰め込み、窯を閉じて火入れをしました。

窯の前に積み上げた原木。カシの木がメイン。太い木は割って、窯に詰め込みます。

 

詰め込み中の様子。窯の入り口いっぱいまで詰めます。

 

いっぱいになったら、入り口を閉じます。

 

そして火入れ。

 

火入れ翌日の窯の様子。煙突から勢いよく煙が出ています。この後3日間くらい火の番をして窯を閉じます。

 

2回目は12月16日。いよいよ炭出しです。

窯を開けると、入り口までいっぱいだった原木が容積が小さくなり、焼きあがった炭が出てきました。この瞬間がたまらない、と参加者。

 

炭を窯から出し、10センチくらいに切って袋詰めをして完成。

何度か炭焼き体験をしていますが、毎回様子が違ったり、新しい方法を教わったり、新しい発見があり楽しいです。

また来年もやりたいと思います。

 

 

 

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」秋の高丸山ガイド登山

11月3日 秋の高丸山ガイド登山を開催しました。

空は青空、風もなく、とても良い天気でした。

2グループに分かれてガイド開始。

 

台風の影響が心配でしたが、ブナ自然林はきれいな紅葉でした。

 

高丸山の頂上で雲早山を見ながらのお昼ごはん。

 

毎年恒例の紅葉解説。木の不思議を学ぶことができました。

 

紅葉の森を下山。

参加者からは、一人での登山とは一味違う登山ができた、ガイドの話がためになったなどの感想もあり、秋の高丸山を満喫した一日でした。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「森の学校」高丸山の森の健康診断

10月27日 高丸山の森の健康診断を開催しました。

高丸山には広葉樹の自然林とスギなどの人工林があります。この二つの森の違いや森の現状を学ぶ行事です。

広葉樹の森は紅葉真っ盛り。青空バックにとてもきれいでした。

ブナ林を散策し、今日の調査地の杉林に入ります。

 

ここは杉の人工林です。ここで森の状況を調査します。

簡単な道具を使って、土壌、下層植生、木の高さ、直性の密度などを調べました。

 

こちらは、森の中の土壌の違いを調査しています。山土と腐植土に雨を降らせ、保水力の違いを実験しました。

一連の調査で、森の状況によって土壌が変わり、それが川の下流や海にまで影響を与えていることがわかりました。

参加者からは、自身の活動に活かせそう、などの感想もあり、。森の大切さを知ることができました。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |