千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

高丸山の様子

昨日は暖かい日でした。

「山地では雪」との予報が出ていましたが、高丸山は、終日ヤマガラやシジュウカラがさえずる、穏やかな1日でした。

職場を後にするときは、雪がちらちらしており、山は雪かなあと思っていたのですが…。

 

 

昨日(17日)の、高丸山と、森づくり区画。雪はありません。

 

今朝(18日)は、ふれあい館周辺では雪の姿は見受けられずでした。

八重地集落にお住まいの方に確認したところ、集落周辺では雪は見当たらない。

ただ、高丸山に向かう、町道の路面は凍結しているかもしれないとのことです。

もし、高丸山に行かれる方があれば、十分に気を付けて運転ください。

 

 

高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

今年最後の高丸山

今日は、ふれあい館の仕事納めです。

明日、28日から1月4日までは休館です。

どうぞご了承ください。

 

本日が今年最後、ということで、高丸山の見回りに行ってきました。

 

天気予報では、徳島は強風注意報が出ていました。

山も強風だとは思わず…。行くと、ごうごうと音を鳴らして風は吹くし、

あられのような細かい雪も降っています。

最終日ということで、山の神様がゴージャスなプレゼントを準備してくれていたようです。

午後から晴れるかな?と思っていたら、天気が回復するどころか、雪は降りやまず。

寒さと雪であえなく撤退。

積もるほどの雪ではなさそうですが、高丸山に登山される方は、防寒必須です。

あと、何があるかわかりませんので、雪対策をした、車両でお越しください。

 

見回り中の森づくり区画。見えませんが雪が降っています。

 

高丸山。雪の合間に顔を出してくれました。

 

市内のほうは、曇りか晴れか…山から町の方角がきれいに見えました。

 

昼食後、軽トラに載せていたザックを見ると、雪が積もっている。

15分程度だったのですが…。

 

現地案内所のデッキにもうっすら積もります。

これを見て、帰ることにしました。

皆様も、無理のない山行をなさってください。

 

よい年をお迎えください。

 

 

 

 

 

高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

冬は枝ぶりを楽しみます

市内では紅葉が見られますが、高丸山はすでに初冬のありさま。

どれだけお天気が良くても、15時以降になると、もう一枚上着が欲しくなるくらい寒いです。

 

先日、森づくり区画の見回りに行きました。

冬なので花も葉っぱもありません。

ですが枝があります。

他の季節だと、葉っぱが茂っているので見られない木々の枝ぶり。

木ごとに枝の伸ばし方が違っていて、面白いのです。

 

冬の高丸山。丸い山が際立ちます

 

すっと伸びている枝ぶり

 

あっちこっち枝が広がっているよくばりな木もあります

 

モミとツガの緑が目立ちます

 

自然林内。空を見上げると枝が重なり合っているように見えます

 

冬だからわかる、木々の様子。

山に来たときは、ぜひお楽しみください。

高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11/2の高丸山の様子

みなさん、こんにちは。h田です。

今日は秋の高丸山ガイド登山を行いました。
とてもいい天気で、暑いくらいでしたが、山登りには最適な一日でした。
たくさんの方も登りに来られていて、みなさん、秋の山を楽しまれたようでした。
昨日になりますが、高丸山の様子です。
快晴の高丸山。秋晴れです。
山頂の雲早山分岐から、山腹を見ると、紅葉が本当にきれいです。
山っていいなあ〜としみじみ感じさせてくれる景色でした。
自然林の様子です。
もう、ブナが金色に光っていて、きれいきれい。
紅葉が美しく、きれいしか言えません。
この赤。広場のあたりですが、これを見ながらボーっとしていたいです。
紅葉のド迫力は、写真ではわかりません。
この連休は、幸いに天気が良いようです。
山頂まで登山でもいいですし、中腹のブナ林までぜひ。
ため息の出る美しさです。
紅葉が見れる観光地に負けてないと、思います。
高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10月26日の高丸山のようす

みなさんこんにちは。h田です。

 

さて、天気も大変良い本日、高丸山の自然林に行ってきました。

紅葉の様子は、こんな感じです。

まずは高丸山。青空のもとの紅葉の山はとてもきれいでした。

 

自然林の中のようす。あちこち、紅葉が進んでいます。

 

緑、赤、黄色、とても賑やかです。

 

雨が多いので、こんなきのこも見つけました。

 

今週末、またしても台風がやって来るようです。

毎週台風が来ている気がします。

これで今年は終わってほしいなあ。

 

 

 

 

高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

秋の高丸山 今年はちょっと早いかも、です

みなさん、こんにちは。h田です。

台風一過。なのですが、ふれあい館周り(上勝町旭)では、どんより曇り空と、強い風が吹いています。
さすが大型。通過した後も風が強いです。
そのせいで、八重地集落を抜けた後の県道16号に倒木があり、現在は通行できなくなっています。
おそらく明日には通過可能になると思います。
さて、台風が来る前、ぎりぎりに山の様子を見てきました。
皆様が気になる、秋の高丸山の自然林情報です。
ブナ林までですが、10/20の紅葉の具合はこんな感じでした。
山頂付近では、緑ではなく、色が変わってきています。
ちょっと色づいている木もあります。
ブナって、黄色に色づくんだなあと思わせてくれます。
ブナ林付近では、まだ緑〜黄緑、黄色という感じです。
山頂はもうちょっと色づいているかな。
ぜひお越しください。
高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

高丸山のようす

みなさん、こんにちは。
ガコです。33

大型連休のスタートですね。
天気良く、新緑のまぶしい時期です。自然の中で遊ぶには最適です。
ということで、昨日、一昨日と高丸山に行って、森の様子を写真に撮ってきました。


高丸山の様子。頂上付近は、緑はまだまだ。


登山道付近のアセビの新芽。樹木の新芽はどうして赤みがかかるのか、不思議です


こちらはブナの新芽。柔らくて毛もふわふわ。ぱくり、と食べてみたい気になります。
早速虫さんたちは食べていますね。


自然林の新緑の様子。すごく緑が多い、というわけではありませんが、十分気分良い山を過ごすことができます。


山頂に向かう途中のアケボノツツジ。ピンクの花がとてもかわいらしいです。


頂上から、雲早山縦走路をちょっと入ったところ。西三子山への縦走路が良く見えます。
あの尾根を歩いていくのです。

森づくり区画の新緑はこんな感じ。

みどりみどりしています。昨日、たまたま森づくり区画で会った、登山者の方が「きれいにしたあるなあ〜。と思ったんよ〜」とおっしゃってくださり、私は大変鼻高々でした。
これもすべて森づくりボランティアさんのおかげであり、ちょっとづつでも、「きれいな森になったなあ」と思ってくれる人が増えるととても嬉しいです。


モミの新芽。常緑の木ですが、新芽は今の時期に出てきます。きれいな色です。

森に入るととても気持ちのいい季節です。
市内で時間のある方は、是非、ちょっと足を延ばして、ブナ林までおいでください。
心地よさは保証いたします。
 
高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

連休前のふれあい館情報、高丸山の自然情報

みなさん、こんにちは。
ガコです。33

気持ちはすっかり連休中です。とはいえ、ふれあい館は連休中であろうがなかろうが、通常通り開館しております。
私も連休なぞとらず、普通にお仕事です。
気持ちの連休は、「ああ、みんな山に行くんだろうなあ〜」の気分です。

現在ふれあい館では、「千年の森写真展」カメラが5月7日まで行われています。
高丸山に行く前、あるいは行った後は、ぜひふれあい館にお立ち寄りください。
セルフカフェでお休みしながら、写真をご鑑賞くださいな。


上勝町芸術文化協会写真部の力作です。

さて、少し前ですが、高丸山の自然情報です。
前回のブログで、「アケボノツツジが咲いています〜」とアップしましたが、N西さんが山に上がってこられたので、高丸山の春をお伝えします。
少し前の4月25日の様子です。


高丸山の中腹にはもう新緑が見えています

登山途中には、

ヤマザクラが満開。町は終わってしまいましたが、高丸山は今が花見の時期です。
ただ、サクラの位置が登山道より遠く、間近では愛でることはできませんが…


ブナの自然林の様子。5月5日の大祭は新緑の元でのお祭りになりそうです


山頂に近づくにつれ、アケボノツツジがお目見え。毎年きれいに咲いてくれます


今年は山頂付近のブナで、花が見られました。ゆう★
なかなかブナの花は見ることができないので、この機会にぜひ、ご覧になってください
そのまえに、どのブナの木か、を探すところからですが、頑張って見つけてみてください

これから連休にかけて、山登りの楽しい時期です。
ぜひ高丸山へお越しください。坂ラン

あと、気温が意外に高いので、熱中症対策で飲み物や、体温調節をしながらの登山、休憩など適宜とりながら、山を楽しんでください。




 
高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

高丸山遊学の森のようす

みなさんこんにちは。
ガコです。33

今年はあったかい!例年に比べると4月の寒い時があまりありません。
ということで、昨日、高丸山の駐車場からお山を見上げると…


かなりわかりにくいですが、アケボノツツジが咲いていました。ゆう★
山腹から頂上付近までピンクの色がちらほら…やかんさん

ああ〜咲いてるわ〜〜
と一番驚いているのは私です。早い!いや本当に早い!
このままだと、5月5日の春の祭典では、満開を通り越して、ちょっと終わり気味のアケボノツツジかもしれません…
ということで、アケボノツツジが見たい登山者の方は、4月末のお休みか、連休の最初をお勧めします。
登山時には汗をいっぱいかくと思いますので、熱中症対策はお忘れなく。
今の時期は意外と油断するものです。

さて、昨日は森づくり区画の見回りと自然情報集めでした。


森づくりの区画は木が大きくなっているので、新緑がとても美しいです。
きれいだなあ〜〜と言いながら、写真をパチリ。


残念ながらサクラは終わっていました。あ〜、残念。
また今年も見れなかったなあ。


シデの新芽が葉っぱを出していました。これからどんどん大きく開いていきます。


ブナの新芽もぷっくりふくらみ、あともうちょっとで葉っぱが出そう!です。
5月5日の八重地コースの人は、ブナの新緑を見ながら登山できそうです。


足元にはスミレちゃん。
しっかり確認してこなかったので、確実な種名がわからず、ご勘弁ください。

遊学の森、春でした。
いい天気で、いい季節です。
ぜひ連休には高丸山へ足を延ばしてみてください。






 
高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

2月27日の高丸山のようす

みなさんこんにちは、ガコです。33

最近、底冷えする冬の寒さから、日差しも春めいてきました。
春めいたと思うのは私だけではないようで、というより、ずっと敏感なのが生き物たちですね。
虫たちから始まり、野鳥のさえずりも、どんどん増えてきているように感じます。
春本番前に頑張って練習中のウグイスや、「チリリ、チリリ」という、名前のわからない小鳥。今朝はモズかな〜と思わせてくれる「ジッ、ジッ」という声も聞こえました。(春にも鳴くのね…)py
カレンダーを見ると、旧暦のお正月を過ぎたばかりです。まさしく初春にふさわしいですね。
これから花も盛りになってくるのでしょう。楽しみです。さくら

さて、鳥たちにも負けず、今日は久しぶりに高丸山に行ってきました。
風は冷たかったのですが、お天気良く、山歩きにはよい日でした。ゆう★


青空のもとの高丸山

森づくり区画の遊学の森は、こんな感じでした。

木も草もまだまだ冬のようす。


そんななか、モミやツガといった常緑樹がの緑が目立ちます。ほかの木たちに負けずに大きくなってほしいものです。


ブナも去年の葉っぱをくっつけたままの冬芽でしたが、こころなしか大きくなっている気がします。植物たちも、もうそろそろ葉っぱを開こうかとしているのかもしれません。


霜柱も発見。昨日の雨の水分で、朝方できたのでしょうね。きれいでした。

高丸山の自然林もちょっと歩きました。

雪がないなあ〜

と思ったら、

やっぱりちょっと残ってました。水飲み場までの途中です。凍っているので、歩くときは要注意です。


つるつる。

あ、そうそう、高丸山への道ですが、県道は雪はまったくありません。
町道も凍結はないのですが、それでも運転には要注意です


法面が凍結、解凍のなか、いっしょに土砂も落とす「氷ざれ」といわれる落石があちこちで見られます。

幸い大きな土砂はないのですが、氷ざれの石はとがっているものが多いので、車のタイヤを切る可能性があります。
これからの時期、高丸山に上がる方は十分注意して運転してください。





 
高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |