千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

地図読み講座 最終回でした

8月29日(土)「山で使える地図読み講座ぁ廚魍催しました。

今年の最終回でした。今年は新型コロナウイルスの関係で、回数を減らしての開催になりました。

 

ふれあい館に集まり、今日のコースのレクチャーです。その後高丸山に移動して登山開始。

 

コースは、一本ブナ方面。最終回ということで、地図読みのまとめをしました。

参加者が交代で先頭を歩いて、尾根やコルなど、地形の変化を的確にとらえ、ルートの解説をして、チームの道案内をしました。皆さん勉強の成果がしっかりと表れていました。

 

下山後、今年度の講座の感想や、もっとやりたいことなど、いろいろ伺いました。

来年の参考にしたいと思います。

地図読み初めての方も、もっと知りたい方も、来年お待ちしています。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

台風10号が接近しています

非常に強い台風10号は、今後さらに発達し、6日から7日にかけて勢力を維持したまま徳島県にも接近する見込みです。広い範囲で甚大な影響を受ける恐れがあります。来訪の際は、倒木、枝葉の飛散などによる被害が想定されるため、十分お気を付けください。また、高丸山方面は、さらに危険な状態となることが予想されるため、通行はできるだけお控えください。

お知らせ | permalink | comments(0) | - | pookmark |

高丸山のブナ林をシカから守るぞ

8月23日に「ブナ林をシカから守るぞ」というイベントを行いました。

日亜ふるさと振興財団から助成いただいている活動です。

 

目的は、ニホンジカから樹木を守るためです。

 

高丸山のブナ林では、ニホンジカが足元の植物を食べたり、樹皮を剥いて食べたりしています。

そうすると足元の植物がなくなってしまうので、土が流れたり、木が枯れたりします。

 

足元植物がすっかり姿を消したブナ林。さみしいものです。

 

 

今回は、シカが好むモミやヒメシャラなどに、樹木ガードネットを張って、木々を守る活動を行いました。

 

写真右側の赤い樹皮がヒメシャラです。

 

木の太さより大きめにネットを切ります。

 

 

木にネットを巻きつけて、結束バンドで固定。

 

モミもひどく被害を受けるので、幹と根本もネットで覆いました。

 

こんな風に囲われた木が、森の中であちこちにあります。

高丸山を歩くときに、ちょっと気にしてみてください。

 

 

 

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

ライトトラップ

ライトトラップ 2回目を行いました。

前回からだいぶ暑くなったので、虫も出てくるようになってないかと期待したのですが、まだ少なかったです。

でも子供たちの虫かごはいっぱいでした。

来年はもっと虫がいるといいなー。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

ふれあい館でも粘菌(変形菌)発見!

粘菌とは、変形菌とも言います。

ねばねばアメーバー状(変形体といいます)で、朽ち木とか落ち葉とかにいて動き回っているのですが、

キノコのような胞子をつくって、子孫を残します。

それでも単細胞生物なのです。不思議生物です。

 

そんな生き物は、自然度の高い、たとえば高丸山のようなところにしかいないんじゃないかと思われるかもしれませんが、いやいや、意外にどこにでもおるのです。

 

で、ふれあい館の外にあるウッドデッキにもおりました。

おや?

 

ややっ!

 

やややっ!

 

おお〜。

オオムラサキホコリというそうです。

 

もうちょっと寄ってみました。

 

 

よく見ると、粉のようなものが、粘菌の体や、まわりに見えます。

 

やはりどこにでもいる粘菌。

探し始めると結構楽しいです。

 

ふれあい館あれこれ | permalink | comments(0) | - | pookmark |

地図読み講座 3回目

8月1日(土)地図読み講座の3回目を開催しました。

やっと天気が良くなり、今年度初めての実習でした。

コースは、登山口から旗立てに上がり、赤石丸方面を歩きました。

 

ふれあい館でレクチャーの後、高丸山登山口駐車場で山座同定、方位角の測定などをしました。

 

班分けをして、各班交代で先頭を歩き、あらかじめ設置したポイントを探しながら歩きました。

先頭を歩くと、緊張感もあり、とても地図読みの勉強になります。

 

次回は8月29日、最終回です。高丸山周辺で実習の予定です。

イベント報告 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

高丸山のシカ防除ネット効果について

高丸山のブナ林には、足元の植物を回復させるために、シカ防除ネットを設置しています。

2020年7月で16個あります。

が、ひとつは先日ブナの落枝でつぶれてしまいました。

 

 

ずいぶん立派な枝が折れてしまい、残念です。

ネットもつぶれてさらに残念。

でも自然のすることですので仕方がないですね。

登山者の方には影響のない方向に倒れたので、ご安心ください。

 

シカ防除ネットを張ったら、どんな効果が出ているのかですが、

下の写真は2017年に設置したネットです。

2020年6月撮影。

 

左側のネット外と、中で草の生え具合が違います。

スズタケも順調に回復中です。

区画内に入ってみると、土がふかふかしています。

これだから植物も再生するのかなあと思ったりしています。

 

どこの区画も、今後の変化が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

梅雨後半の高丸山の様子

梅雨がなかなか明けませんね。

今日もふれあい館周りは雨です。きっと高丸山も雨でしょう。

 

この時期は毎年、登山者は少なくて、高丸山をひとりで貸し切り。ということがよくあります。

もちろん、天候が不順でいつ雨が降ってくるか、というのもあります。

ひとりだと静かなものです。

 

 

霧がかかった森の中は幻想的で、さながら水墨画の世界のようです。

 

7月に入ると、木々の花も終わり、見所があまりないように思いますが、

この時期は玄人好みの時期になります。

 

こんなのがいる。

 

 

かの、和歌山の研究者。南方熊楠先生が命名した、粘菌です。

おお、高丸山にもおりました。

 

上の黄色は「キフシススホコリ」下は「ツノホコリ」(多分)

 

粘菌探し、ぜひお越しください。

結構わかりやすいところにいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高丸山の自然情報 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

ライトトラップ 夜の昆虫観察

7月23日 ライトトラップで夜の昆虫観察をしました。

時折パラパラ雨の降る天気でしたが、何とか開催出来ました。

空が暗くなると、次第に虫が集まってきました。コガネムシの仲間やきれいなガ、川虫など小さな虫が主でしたが、子供たちの虫かごは虫でいっぱいになっていました。

お目当ての甲虫類は少なかったのですが、8月8日にもライトトラップをします。また来てください。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

高丸山夏の昆虫観察会

7月19日 高丸山 遊学の森で昆虫観察会をしました。

今年はずっと梅雨空が続き、お天気が心配でしたが、何とか雨に降られず開催出来ました。

 

高丸山に移動する前に、先生のお話と駐車場で昆虫観察。早速、カメムシや羽が金色に光るガがいました。

 

高丸山に移動して、駐車場からは遊学の森までゆっくりと虫探しです。

 

石をひっくり返すと虫がいるんだよーと、みんなよく知っています。チョウやガの幼虫を触ってみたり、樹液に集まっていたクワガタを見つけていました。

 

先生のお話に聞き入る子供たち、虫の世界は奥深いね。

他にも、アサギマダラのマーキングや、昆虫トラップの観察などをしました。

夏なのに気温が上がらず、虫が少ないと思っていましたが、子供たちは次々と虫を探しだしていました。

これから夏本番、いっぱい虫と遊ぼう。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | - | pookmark |