千年の森づくり日記

ブナの森のふもとで日々会う人たちとのやりとりを楽しくお伝えします。
<< January 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

11月20日・12月17日「森の学校」広葉樹を増やそう!

こんにちはN西です。

11月20日と12月17日に「森の学校」広葉樹を増やそう!を開催しました。

高丸山千年の森の「遊学の森」では、広葉樹の森づくりをしています。そこでは、高丸山周辺の森で採集した種から育てた苗木を植えています。
そこで、広葉樹の森を育てるには、まず種のことを知ることから始めよう、ということで企画した行事です。

1回目は遊学の森で樹木の観察や、種の採集をしました。


初めはふれあい館で種のことについての説明をしました。
種にもいろんな種類や生き延びるための知恵があることがわかりました。


そして遊学の森に移動して種さがし。
森はすでに冬の装いで、見つけるのが大変でしたが、落ちているものやまだ木に付いているものなど、何種類かの種を見つけることができました。


遊学の森は、植樹してから13年たちました。そんな木でも、もうたくさんの種がなっているんですね。


採集した種を観察します。
参加者からは、何気なく見ていた種のことを深く知ることが出来て楽しかった。という感想もありました。


2回目は、種の植え方、育て方の講習をしました。

千年の森開設当初からご協力をいただいているTさんに指導していただきました。


今回は、マルチキャビティーコンテナという苗木を育てるためのコンテナをを使って種を植えました。
苗木を育てるにはとても良いコンテナです。


種のこと、植え方のコツなど教えていただきました。


最後に苗木の圃場を見学しました。

今日植えた種も、来年の春には芽を出すはずです。芽が出るのが楽しみです。
皆さんも頑張って芽を出そう、と張り切っていました。
ぜひお庭の木を増やしてください。
 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月13日・12月11日 「森の学校」森づくりと炭焼き体験

こんにちはN西です。

11月13日と12月11日の2日間、「森の学校」森づくりと炭焼き体験を開催しました。

1回目は、山から切ってきた木を炭窯に詰めて、火入れまでの工程を体験しました。


これは樫の木。かたくていい炭が焼けます。
太い木は適当な太さに薪き割りをします。


こちらは飾り炭の仕込み。缶にまつぼっくりや、栗のいがを入れました。
これも炭窯に入れます。


炭窯の奥から順に原木を詰めます。
窯の構造、詰め方などを教わりながら、手分けして詰めました。


窯の中はこんな感じ、だいぶ詰まってきました。
入口いっぱいまで詰めたら入口を閉じます。



そして火入れ。焚口を作りこれから朝まで火を焚きます。

1回目の作業はここまで。その後3日間、窯の火の管理をして、無時窯を閉じました。


2回目は、窯を開けて、焼き上がった炭を出して袋詰めの体験をしました。


入口を開けます。どんな炭になっているか楽しみです。


炭窯の中。焼けた炭が下のほうに積み上がっていました。
硬くていい炭でした。
炭になると容積が小さくなるので、原木でいっぱいだった炭窯が空いていました。


飾り炭です。栗のいがも見事に炭になっていました。
きれいに飾るとかわいいです。


炭窯から出した炭は、適当な長さに切って袋詰めします。

原木の種類によって炭の質が違うことや、木を切ることが森の管理に役立っている事など、色々と勉強になりました。

出来上がった炭はふれあい館に飾っています。ぜひ見に来てください。
 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月23日「森の学校」上勝産材でままごとキッチンつくり

こんにちはN西です。

11月23日に「森の学校」上勝産材でままごとキッチンつくりを開催しました。

木の手作り作品を、お子さん用に作ったり、お孫さんへのプレゼントにしたりと毎年大好評のイベントです。
講師は、上勝在住の製材、木工のプロの方々です。
説明ののち、作業開始です。


あらかじめ細かいところを組み立てた部材を組み立ててゆきます。
この使い方、組み立てのコツなど教わります。


だんだん形が見えてきました。
皆さん、扉のちょうつがいの取り付けに苦労していました。


形ができたら、キッチンの飾りつけに取り掛かります。
思い思いの飾りつけで楽しそうです。


電動工具もお手の物。


お孫さんの顔を思い浮かべながらの作業はとても楽しそうです。


こんなキッチンができました。
アイデアいっぱいのキッチンです。

 

夢のある作品で楽しく元気になりましたとの感想もあり、木のぬくもりに触れ、みなさんとても満足の1日でした。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月12日「森の学校」山で使える地図読み講座 まとめ

こんにちは、N西です。

11月12日「森の学校」山で使える地図読み講座 まとめ を開催しました。

今年の地図読み講座は、入門から初級まで6回の講座を行いました。
連続で受講された方も多く、地図読みへの関心の高さがうかがえます。

そして今回は、その最終回。まとめの講座でした。
今までの復習と、今年の講座では取り上げなかった、電子地図の利用、地図測量の実習など、今までとは違う観点から地図の勉強をしました。


電子地図は、パソコンやスマートフォンなどで使えるデジタルデータの地図です。
いろいろな使い方ができるため、登山用の地図としてもとても便利に使えます。


地図を作るのは測量が基本。実査の測量機を使い測量の基礎の実習をしました。
地図を理解するうえでとても勉強になりました。

今年も多くの方に参加していただき、皆さん地図読みの上達を実感されました。
これからも地図読みを実践して、安全な登山を楽しんでください。

来年も地図読み講座を計画します。ぜひご参加ください。

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

11月3日「森の学校」秋の高丸山ガイド登山

こんにちはN西です。

11月3日「森の学校」秋の高丸山ガイド登山の様子です。

風は強かったのですが、お天気は良く、たっぷりの日差しの中、写真を撮ったり、ガイドの解説を聞いたり、ゆっくりと頂上を目指しました。


まずは出発前の準備運動。冷えた体を起こします。


いよいよブナの森に入ります。今年の紅葉は少し遅めで、見ごろには少し早いようでしたが、ところどころ鮮やかな紅葉が目を楽しませてくれました。


ガイドの解説がこの登山の特徴。木や植物、山のガイドを聞きながら登山します。


高丸山頂上に到着、風も止んで暖かくなってきたのでここでお昼ごはんとしました。展望を楽しんだり、葉っぱが紅葉する仕組みのお話を聞いたり、ゆっくりと過ごしました。


出発前に記念写真。おー。



参加者の方からは、ガイドと一緒の登山は勉強になった、とても楽しかった、また参加したい、などの感想があり秋の高丸山を満喫した一日でした。
ぜひまた高丸山にお越しください。
 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10月29日「森の学校」展望の山歩き 西三子山

こんにちはN西です。

10月29日に展望の山歩き 西三子山を開催しました。
高丸山の展望や景色を楽しみ、地図読みを兼ねた健脚向けガイド登山です。

今回は、高丸山現地駐車場を起点に、西三子山を往復しました。

天気は曇り、風が強く、雲も低く、なんとか降らないで〜という天気でした。
それでも大勢の参加者に集まっていただき、終始にぎやかな山行になりました。


ブナの森は紅葉が始まったばかりで、ところどころに紅葉した木が見られました。


見晴らしのいいところまで来ました。雲が低く、頂上は見えませんが、今日の縦走路が一望できました。まだまだ遠いな〜


縦走路に入ってからは、ところどころ鮮やかな紅葉が目を楽しませてくれました。
今年の紅葉はちょっと遅め。このあたりの標高でやっと紅葉がきれいになっていました。


石灰岩のごろごろしている尾根を登り、西三子山の頂上に到着。霧に覆われていましたが、風も弱くなり、空が明るくなり始めたので頂上で昼食にしました。


帰り道は登ってきたコースを引き返します。縦走登山は上り下りの繰り返しが多いので、ペースをつかむのが大変です。
見晴らしの良い場所で小休止。高丸山頂上はこの日ずっと雲に隠れていました。


でも、帰り道も紅葉を眺めながらゆっくりと、にぎやかに歩くことができました。

 

皆さんお疲れ様でした。
 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10月23日「ゆめいろプログラム」秋の薬草料理体験

こんにちはN西です。

かみかつ里山倶楽部では、「ゆめいろプログラム」という、利用者が企画する活動プログラムを応援する制度があります。

今回はこのプログラムを活用し、野や山など身近に自生している薬草を採集して料理を作ることで、薬草への理解を深めようという企画が実施されました。

主催は上勝薬草研究会です。

メインの料理は薬草ピザでした、ほかに菊芋の酢の物、薬草チャイなどを作りました。


まずはふれあい館であいさつ、今日の説明などを行い、さっそく準備に取り掛かります。


ふれあい館にある石窯です。これでピザを焼きます。窯を温めるのに時間がかかるため、朝から火を入れます。
子供たちも準備の手伝いです。


こちらはピザ生地の準備です。しっかりとこねてゆきます。ピザソースや、酢の物の下ごしらえもしました。

準備ができたところで研究会会員所有の畑に薬草の採集に出かけます。


広い畑にはたくさんの薬草がありました。
種類の多さにびっくり、無農薬の畑なので安心という感想もありました。


ふれあい館に戻って選別しました。食べられるもの、危険なものをより分けます。


そして食べたい薬草をたっぷりトッピングして、本格石窯ピザを焼きました。


薬草がたくさん入っていても違和感なくおいしかったです。


子供たちはこんなかわいい一口ピザを作りました。

参加者からは、とても美味しくて楽しかった、次回も楽しみにしています、との感想もありました。

これからも身近な薬草の活用を続けていってほしいと思います。
 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10月22日 「森の学校」高丸山の森林調べとブナ林ハイク

こんにちはN西です。

10月22日に「森の学校」高丸山の森林調べとブナ林ハイクを開催しました。
高丸山には、ブナなどの広葉樹の自然林と、人が植えたスギなどの人口林があります。この二つの森の違いや、森の現状を学ぶ行事でした。



今にも降り出しそうな天気で、紅葉には少し早いブナ林でしたが、色づいている木もちらほらと見受けられ、小さな秋を探しながらブナ林を散策しました。



ブナ林を抜け、スギの人工林に入りました。ここで森の健康診断を行いました。
簡単な道具で、木の太さ、高さ、密度、土壌の様子などを測定しました。


調査した森は、見るからに混雑した森で、光が入らないため薄暗く、スギ以外の植物がほとんどありませんでした。
測定の結果もやはり、「過密な森」と判断されました。

森の現状や、対策の必要性など、ちょっとためになった森歩きでした。
 
イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10月8日「森の学校」遊学の森モニタリング体験

こんにちはN西です。

10月8日「森の学校」遊学の森モニタリング体験を行いました。

遊学の森は広葉樹を植樹してから13年が経ちました。この植樹木が何本残っているかを調べる行事です。
調査を行ったのは、東屋のすぐ下の30番・交流の森です。


全ての植栽木に樹種名と通し番号の付いたテープを付け、本数を調べました。



結果は、植栽したすべての樹種が残っていて、本数が少なくなっていました。
木が成長するにつれて除伐したり、自然に枯れる木があるためです。
また、植栽リストに無い木もたくさんありました。種が風や生き物に運ばれて自然に生えてきた木たちです。

今後もモニタリングを行い、森の変化や管理の方法を探る手がかりとして役立てて行きます。

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

9月17日「森の学校」大人の木工体験

こんにちはN西です。

9月17日「森の学校」大人の木工体験のご報告です。

毎年大人気の行事です。
今年は昨年に続き、ベンチタイプの椅子を作りました。
講師は、勝浦川若手林業研究会のメンバーです。
木材は、上勝産のヒノキ材です。いい匂いがします。

まずは作りたい椅子の設計図を書いてもらいました。


イメージが出来上がったら作業開始。木を選びます。


設計図に合わせて木を切ります。
慣れない大きな電動工具などの扱い方を教えてもらいながら作業します。


木の使い方や、組み立てのコツなど何でも教えてくれます。


丈夫で使いやすい椅子なので、毎年参加して下さる方もいます。


着々と組みあがります。


出来上がった椅子と一緒に記念撮影。


木を扱う事や、手作りの楽しさを満喫出来た1日でした。

 

 

イベント報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |